ここから本文です。

更新日:2013年9月28日

Koo-fu

「Koo-fu」(クーフー)は、ジュエリー生産地「山梨」から発信するブランドです。“自然で繊細な優美”をブランドテーマとしたデザイン、山梨で研究・開発された質の高いオリジナル素材、伝統的に受け継がれてきた高度な加工技術によって、新しいジュエリーのかたちを提案します。
Koo-fuは、以下の素材や技法のいずれかを取り入れることが必須の条件です。

 

Koo-fu Pt950 プラチナ95%の合金(Pt950)であるにもかかわらず、硬く傷がつきにくく、メッキ加工を施さなくても白く輝くプラチナ
Koo-fu K18WG 白色系の金合金。ニッケルを使用せず、メッキ加工を施さなくても白く輝くホワイトゴールド
Koo-fu K18YG, Koo-fuK18PG 金色系のKoo-fuオリジナル合金。明るい発色で、変形や変色しにくいイエローゴールドとピンクゴールド
Koo-fu Ag950 従来のものよりも純度が高く、変色しにくいシルバー素材
インタリオ インタリオ(陰刻)は凹型に掘られたもの(沈み彫り)の総称で、ジュエリーの素材となる貴金属や宝石などに加工を施す技術

ページの先頭へ戻る