ここから本文です。

更新日:2019年11月2日

水晶美術彫刻職人 斉藤 本晴

 

 石(ジャスパー)の特性を活かして制作された逸品。

観音像は、赤色の多い部分を使って一体性を保ち、光背(仏身から発する光明をかたどったもの。こうはい。)は赤色の中にある白い部分が効果的に現れるように彫られている。

力強く荘厳に彫られた台座と光背が、しなやかな流線形でかたち作られた観音像を際立たせている。

特に、柔和で慈悲深い表情と、細くしなやかな手が手彫りで見事に表現されている。

 

saitomain
総光背聖観音像
制作:南西水晶美術彫刻所 斉藤 本晴

 saito1

うさぎ

saito2

ふくろう 

saito4

総光背聖観音像 

 saito3 

制作風景

プロフィール

●甲州水晶貴石細工伝統工芸士
●一級宝石研磨士(厚生労働省認定)
●平成22年山梨県の卓越した技能者(やまなしの名工)受賞(山梨県知事表彰)

企業情報

名称:南西水晶美術彫刻所
住所:山梨県南アルプス市下今井707
TEL:055-283-1252
FAX:055-283-1252
定休日:日曜日・祭日

事業内容:水晶彫刻加工

自社の強み:
観音像や、人物像の制作を得意としています。
うさぎ・かえるなどの置物の制作もしています。

saito

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る