更新日:2020年4月30日

ここから本文です。

冷熱衝撃試験機

冷熱衝撃試験機画像

高温と低温を短時間で交互に繰り返し与えることができる装置です。
電子部品、機械部品及びそれらに関連する部品に対して、急激な温度変化を与えることにより、機器および部品・材料が受けるストレス(物理的な損傷や性能の低下)を調べる試験に使用できます。

 

本装置は日本自転車振興会による「競輪の補助金」により導入しました。

機種名

ES-76LH
日立アプライアンス(株)

仕様

高温側

60~200℃、常温→200℃まで15分以内

低温側

-70~0℃、常温→-70℃まで50分以内

チャンバーサイズ

390W×390D×460Hmm

©YamanashiPrefecturalIndustrialTechnologyCenter.AllRightsReserved.

設備使用料

570円/1時間

依頼試験手数料

600円/1時間

担当

システム開発科

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部産業技術センター 
住所:〒400-0055 甲府市大津町2094
電話番号:055(243)6111   ファクス番号:055(243)6110

広告スペース

広告掲載について