更新日:2020年4月30日

ここから本文です。

複合サイクル試験機

低温付き複合サイクル試験機

塩水噴霧、乾燥、低温、湿潤の各条件を自動サイクル運転することにより、各種工業材料及び製品の耐腐食性を評価する試験機です。

主にめっきなどの表面処理を施した電子部品や機械部品について、各種の規格に準じた評価試験が可能です。

本装置は日本自転車振興会による「競輪の補助金」により導入しました。

機種名

BQD-2

板橋理化工業(株)

仕様

塩水噴霧試験

室温+10℃~50℃

乾燥試験

室温~80℃

湿潤試験

40℃~60℃、60%RH~95%RH

試験槽内寸法

幅1000mm×奥行600mm×高さ500mm

©YamanashiPrefecturalIndustrialTechnologyCenter.AllRightsReserved.

設備使用料

240円/1時間

依頼試験手数料

270円/1時間

広告スペース

広告掲載について