更新日:2021年10月19日

ここから本文です。

山梨県若者ワクチン接種センター

接種の予約受付は終了しています。

 

2回目の接種日程

2回目

10月25日(月曜日)~10月29日(金曜日)

11月1日(月曜日)~11月4日(木曜日)

接種時間は18時~20時(受付時間は18時から19時15分まで)

※モデルナ社製のワクチンを使用しているため、1回目と2回目の接種間隔は原則4週間です。

※1回目接種日の4週間後の同曜日・同時間にお越しください。

※会場は、1回目と同様に「山梨大学医学部会場(中央市下河東1110)」です。

10代・20代の男性と保護者の方へのお知らせ

厚生労働省より、10代・20代の男性と保護者の方へ「新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について」お知らせがありました。

心筋炎① 心筋炎②

新型コロナワクチン接種後の心筋炎・心膜炎について(PDF:561KB)

 

新型コロナワクチン接種後に、ごくまれに、心筋炎・心膜炎を発症した事例が報告されていますが、10代・20代の男性では、武田/モデルナ社のワクチンより、ファイザー社のワクチンの方が心筋炎・心膜炎が疑われた報告の頻度が低い傾向がみられたとのことです。

このため、2回目の接種については武田/モデルナ社のワクチン(1回目と同一のワクチン)を使用することが基本ですが、ご本人又は保護者の方が希望する場合は、ファイザー社のワクチンを選択することもできます。

ファイザー社ワクチンを希望する場合には、予約のキャンセルを受け付けますので、県ワクチン班までお電話(055-223-1641)ください。

「ファイザー社ワクチン」接種の予約につきましては、原則としてお住まいの市町村にて実施しているワクチン接種を自らご予約いただくこととなります。

新型コロナウイルス感染症に感染した場合にも、心筋炎・心膜炎になることがあり、感染症による心筋炎・心膜炎の頻度に比べると、ワクチン接種後に心筋炎・心膜炎になる頻度は低いことがわかっています。

新型コロナワクチンは、発症予防効果などの接種のメリットが、副反応などのデメリットよりも大きいことから引き続き接種をおすすめしています。

新型コロナワクチンについてのお問合せ窓口

電話番号 055-223-8878
受付時間

9時00分~24時00分(土日祝日を含む。)

0時00分~9時00分は音声案内

受付内容

ワクチンの効果・安全性や接種時の注意点などの接種前の疑問や接種後に副反応が出た場合の相談など

聴覚に障害のある方は、FAX(055-223-1639)をご利用ください。

24時間受け付けておりますが、回答に数日要する場合があります。

外国語での御相談は電話(092-687-5164)をご利用ください(英語、中国語、ポルトガル語、ベトナム語等20言語に対応しています。)。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県新型コロナウイルス感染症対策本部ワクチン班 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1641   ファクス番号:055(223)1647

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について