トップ > 新型コロナウイルスワクチンの副反応について

更新日:2022年6月17日

ここから本文です。

新型コロナウイルスワクチンの副反応について

副反応について

よくある症状

一般的に次のような症状がみられます。多くは2~3日でおさまりますが、ごく稀に長引く場合もあります。接種後に気になる症状があったら、専門相談ダイヤル(下記)又はかかりつけ医に相談しましょう。

部位 症状
全身 疲労、頭痛、関節痛・筋肉痛、悪寒、発熱、吐き気
接種部 痛み、腫れ、赤み

 

「新型コロナワクチン接種後の副反応への対応方法(ファイザー社、武田/モデルナ社のワクチンについて)」(PDF:233KB)

副反応が気になったら(専門相談ダイヤル)

接種前の疑問や接種後に副反応が出た場合の相談は、以下の窓口にお問い合わせください。

名称 山梨県新型コロナワクチン専門相談ダイヤル
電話番号 055-223-8878
受付時間

9時00分~24時00分(土日祝日を含む。)

0時00分~9時00分は音声案内

受付内容 ワクチンの効果・安全性や接種時の注意点などの接種前の疑問や接種後に副反応が出た場合の相談など
参考URL https://www.pref.yamanashi.jp/kansensho/corona/sennmonnsoudann.html

 

聴覚に障害のある方は、FAX(055-223-1639)をご利用ください。  

24時間受け付けておりますが、回答に数日要する場合があります。

外国語でのご相談は電話(092-687-5164)をご利用ください(英語、中国語、ポルトガル語、ベトナム語等21言語に対応しています。)

副反応疑い報告の状況について

厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会、薬事・食品衛生審議会薬事分科会医薬品等安全対策部会安全対策調査会が開催されており、新型コロナワクチンにおいて、予防接種開始後より今回の会議(令和4年6月10日実施)までに副反応疑いとして報告された事例は以下のとおりとなっています。

副反応疑い報告の医療機関報告の頻度について

  • ファイザー社ワクチン 0.0136% (211,417,294回接種中28,767件 集計期間:令和3年2月17日~令和4年5月15日)
  • 小児用ファイザー社ワクチン 0.0038% (2,025,594回接種中76件 集計期間:令和4年2月14日~令和4年5月15日)
  • 武田/モデルナ社ワクチン 0.0078% (63,223,453回接種中4,928件 集計期間:令和3年5月22日~令和4年5月15日)
  • アストラゼネカ社ワクチン 0.0137%(117,161回接種中16件 集計期間:令和3年8月3日~令和4年5月15日)

死亡として報告された事例について 

  • ファイザー社ワクチン 1,575件
  • 小児用ファイザー社ワクチン 1件
  • 武田/モデルナ社ワクチン   149件
  • アストラゼネカ社ワクチン 1件

 ※現時点においては、個々の死亡事例について新型コロナワクチンとの因果関係があると結論づけることのできた事例は認めず、新型コロナワクチンの接種と疾患による死亡との因果関係が統計的に新たに認められた疾患もないとされています。

アナフィラキシー疑いとして製造販売業者に報告された事例について

  • ファイザー社ワクチン  3,254件
  • 小児用ファイザー社ワクチン 6件
  • 武田/モデルナ社ワクチン 561件
  • アストラゼネカ社ワクチン  6件

心筋炎関連事象疑いとして報告された事例について

  • ファイザー社ワクチン  211,417,294回接種中599件
  • 小児用ファイザー社ワクチン 2,025,594回接種中7件 
  • 武田/モデルナ社ワクチン 63,223,453回接種中354件
  • アストラゼネカ社ワクチン  報告なし

   ※厚生労働省厚生科学審議会の資料一覧<外部リンク>

新型コロナウイルスワクチン副反応休業助成金

助成内容

ワクチン接種の副反応と思われる症状により休業を余儀なくされ、有給休暇が取得できないなど給与や事業収入が減少となる方に対して、一定額を助成する制度を創設します。

〇助成対象者

以下の3項目全てに該当する方

(1)労働者、個人事業主

(2)山梨県内にお住まいでワクチンの接種を受け、副反応と思われる症状により休業した者

(3)休業中、給与、事業所得、休業手当、傷病手当金等公的な給付金が得られない者

(有給休暇を取得した者は対象外)

 

〇助成内容(1回目、2回目の接種をいずれも対象)

助成金額 1日4千円(ただし、接種1回につき連続する2日を限度とする)

助成対象日(助成を行う休業日)

接種を受けた日の翌日及び翌々日のうち休業した日

(ただし、接種当日に接種後に予定されていた勤務を休業することとなった場合は、接種当日及び翌日のうち休業した日)

 

詳細は、以下のページをご覧ください

https://www.pref.yamanashi.jp/rosei-koy/rosei/r3/vaccine_jyoseikin.html

問合せ先

山梨県新型コロナウイルスワクチン副反応休業助成金事務局

電話:055-268-6667

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県新型コロナウイルス感染症対策本部ワクチン班 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1641   ファクス番号:055(223)1647

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について