更新日:2010年10月14日

ここから本文です。

新県立図書館設計終了

平成20年度から行ってきた新県立図書館の建物設計が平成22年3月に終了しました。

今後、この設計に基づき平成22年度に建物工事に着手し、平成24年秋の開館を予定しています。

新県立図書館は、県民の学習・文化活動を支援する拠点として、また山梨の文化や情報を発信する拠点として、県民に親しまれ、県民とともに成長・発展する図書館を目指します。

建物の設計では、誰でも気軽に立ち寄り利用できる、明るく親しみやすい図書館を基本に、平面や外観を構成しています。

 

新図書館250分の1模型

1/250模型(南西側から)

模型は県立図書館1階に展示しています。

施設の概要

  • 建設地 甲府駅北口県有地(甲府駅周辺土地区画整理事業4街区)
  • 延床面積 10,555平方メートル
  • 建築面積 3,638平方メートル
  • 建ぺい率 約80%
  • 容積率 約233%
  • 階層 地上3階(4階に機械室あり)、地下1階
  • 建物高さ 約19.6メートル  

外観イメージ図(南西から)

外観イメージ(南西側から) >> 拡大(JPG:314KB)

   

 配置図: 配置図(PDF:96KB)
 平面図:

1階(PDF:187KB)

2階(PDF:156KB)

3階(PDF:59KB)

地下(PDF:69KB)

 立面図:

南側面(PDF:56KB)

西側面(PDF:78KB)

東側面(PDF:28KB)

北側面(PDF:18KB)

外観イメージ図

南西側から(JPG:119KB)

南東側から(JPG:111KB)

 

施設の特徴

まちと一体感のある施設

甲府駅側の南面と西面にはガラスを多く用い、街路から館内の活動が見えるようにして、まちと一体感を持たせます。 

なお、豊かな自然を連想させる緑化壁や木製ルーバー(窓に取り付けた羽板状の日よけ)を採用し、水晶や葡萄など山梨をイメージする色やデザインを建物の外観に取り入れます。

環境にやさしい施設

山梨の豊かな自然エネルギーを大切に使い、環境に配慮した模範的な図書館となります。

  • 省エネルギー対策

都道府県立図書館の中で最大規模(105kW)の太陽光発電パネルを設置し、消費電力を抑えます。

西面と南面の外側に壁面緑化を、また南面と東面の一部に水平ルーバーを採用し、日差しを遮ることで建物温度の上昇を抑えます。

  • 資源の保全 

敷地内に井戸を新設し、井戸水をトイレ洗浄などの雑用水に利用することで、貴重な水資源の保全を図ります。

  • リサイクルや循環資源(エコマテリアル)の採用

建物の材料にリサイクル製品や、土に還ることで環境への負荷を抑えられる循環資源(エコマテリアル)を採用します。

使いやすい施設

ユニバーサルデザインに配慮して、わかりやすい案内表示の工夫や多目的トイレの設置など、ハードとソフトの両面で「どこでも、誰でも、自由に、使いやすい」図書館となるよう工夫します。

  • わかりやすく、使いやすい施設

建物の内部は単純な構造とし、利用したい場所や窓口の位置関係がわかりやすく使いやすいようにします。

  • 建物外部からの誘導

点字ブロックと視覚障害者向け音声システムを設けます。

  • 建物内部の案内

大きく見やすいシンプルなサインとします。JISやISO規格によるピクトグラム(絵文字)や色も積極的に用います。

  • エレベーター

2台の利用者用エレベーターはユニバーサルデザイン対応タイプとし、外が見えるシースルータイプを採用します。また、事務用エレベーターには救急用のストレッチャーが入るタイプを用意します。

  • トイレ

1~3階に、各1箇所(計3箇所)、オストメイト(人工肛門・人工膀胱の保有者)対応の多目的トイレを設けます。また、1階、2階には、小さなお子さん連れの方のために親子トイレも設けます。 

フロアー紹介

1階

1階(PDF:187KB)

中央には、新聞や雑誌を閲覧するコーナーと、AV資料やインターネットが利用できる視聴覚コーナーを配置し、北側の児童コーナーは「子ども読書支援センター」としての役割を担います。

また、多くの人を対象にしたいろいろな催しに使える多目的展覧会場や、グループ学習やサークル活動など様々な用途で利用できる交流ルームを設置します。これらはボックス内の活動が外から見えるオープンなつくりとすることで、人々の交流を促す効果を持っています。 

2階

2階(PDF:156KB)

幅広い分野の図書や、山梨に関係する資料を集めたメインの閲覧エリアです。

調べものや資料探しは、レファレンスサービスでお手伝いします。

静かに読書や調べものをするための閲覧室(サイレントルーム)を設けます。

また、上映会や講演会などに利用できる約200席(可動式)の交流ホールを設けます。

連続する広いフロアとなるため、天井が高く開放感のある空間とし、ハイサイドライト(高い位置の窓からの採光)により北側からのやわらかい光を取り込みます。

3階

3階(PDF:59KB)

静かで落ち着いた雰囲気の中で、じっくり調査・研究を行うための閲覧室(サイレントルーム)を設けます。

また、テラスでゆったり読書を楽しむこともできます。

地下

地下(PDF:69KB)

収蔵能力110万冊のうち95万冊を収蔵する書庫は、温度や湿度の変化が少ない地下に設け、県民の財産である図書館資料を保存します。 

荷重の大きい書庫を地下に配置し、上の階への負荷を軽くすることで建築コストを抑えています。

その他

甲府駅北口からのアクセス

甲府駅北口から、ペデストリアンデッキ(高架の歩行者用通路)を利用して来館される方のために、ペデストリアンデッキを下りたところから図書館入り口までの歩道に屋根を設置します。

 

外観イメージ図(南東側から)

外観イメージ(南東側から) >> 拡大(JPG:312KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会図書館 
住所:〒400-0024 甲府市北口二丁目8-1
電話番号:055(255)1040   ファクス番号:055(255)1042

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について