更新日:2019年10月31日

ここから本文です。

店や館の広告・宣伝

ご質問

私の住んでいる身延では、現在、約1万人が生活しています。そんな身延町で買い物や食事をするのですが、価格が比較的に高いです。なので、知人や友人が出かけて買い物や食事、遊びに行くときは、甲府や静岡県に行きます。つまり、今、身延町ではお金があまり回っていません。
そこで、私は「テレビ、新聞、ラジオ」等のメディアを使って、宣伝することを提案します(ソーシャルメディアも使って)。身延町だけでなく、山梨県の過疎化している地域や市町村も、その対象にしてほしいです。宣伝の仕方としては、例えば、「身延町には、日蓮宗総本山久遠寺があります。その帰りに、ここでお土産を買ったり、お食事をしてはいかがですか?」など、その場所の特産物・建造物などを紹介した上で、店の特徴を述べて宣伝してほしいと思います。
私は今、高校3年生で、来年は山梨県を離れる進路になりますが、故郷・山梨の発展を御祈りしています。つたない言葉、また汚い字で大変恐縮ですが、1つの案としてどうか、御拝見、御検討をお願いします。

回答

ご提案いただいた「店や館の広告・宣伝」の件について、観光プロモーション課と観光資源課から回答します。
県と身延町など峡南地域の5町では、峡南地域の歴史・文化資源を活用した観光振興を図るため、「峡南歴史・文化ツーリズム構想」を平成28年度に策定し、構想推進のための取り組みを進めています。具体的な取り組みとしては、峡南5町等が協力して運営するWEBサイト「ぶらり富士川」の構築を支援し、その中では寺社などの歴史文化に関するものや地域の祭りなどの観光情報とともに、身延町が推進している「どんぶり街道」の参加店などを紹介しています。
また、最近のトピックスといたしまして、身延町などを主な舞台としたTVアニメ「ゆるキャン△」のヒットにより、多くの観光客が身延町を訪れています。このような状況を受け、町や地元の有志などが中心となって、モデル地までの案内板の設置やアニメにちなんだ音楽祭の開催など、更なる誘客に向けた取り組みが行われております。県といたしましても、このような地元の活動が円滑に進められるよう、アニメ制作会社等との調整などの支援を行っているところです。
更に、小菅村や丹波山村の道の駅、道志川渓谷といった、身延町以外の過疎化が進んでいる地域の観光情報についても、県の公式観光サイト「富士の国やまなし観光ネット」などから発信し、地域への観光客の誘致に取り組んでいます。
今後も、●●様のご意見も参考に、地域の観光資源と食の情報についてWEBを活用して発信するとともに、パンフレット等を活用した街頭キャンペーンやラジオを利用したイベントPRなど、様々な手法やメディアを活用し、本県の魅力を発信して参ります。
この度は、大変貴重なご意見をいただきありがとうございました。

受理日 2018年10月30日
回答日 2018年11月06日

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部観光振興課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1557   ファクス番号:055(223)1438

山梨県観光文化部観光資源課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1576   ファクス番号:055(223)1558

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について