トップ > まちづくり・環境 > 環境保全 > 大気汚染 > 低NOx(窒素酸化物)型小規模燃焼機器の普及促進について

更新日:2013年8月6日

ここから本文です。

低NOx(窒素酸化物)型小規模燃焼機器の普及促進について

大気汚染防止法では、工場などに設置する大規模なボイラーなどを「ばい煙発生施設」として、窒素酸化物などの大気汚染物質の排出濃度や排出量を規制することで、大気汚染を防止しています。

一方、家庭や学校などに設置する小さなボイラーなどは、法規制の対象ではありません。しかし、小さなボイラーなどは、排出口が低く、また、居住空間の近くに数多く設置されるため、全体的な排出量は無視できません。 

このため、大気中への窒素酸化物の排出を抑制することを目的に、県では窒素酸化物の発生量の低減が図られた優良な燃焼機器の普及を図っています。

また、国では、下記のように「低NOx型小規模燃焼機器の推奨ガイドライン」を作成し、小さなボイラーなどを対象として、大気汚染物質の排出量が少ない機器の普及促進を図っています。

低NOx型小規模燃焼機器の推奨ガイドライン(環境省)

環境省は、小さなボイラーなどを対象として、大気汚染物質の排出量が少ない機器を優良品として推奨するために、『低NOx型小規模燃焼機器の推奨ガイドライン』を作成し、普及に努めています。

推奨ガイドラインに適合した小規模燃焼機器については、下記に示す環境省低NOxラベルや環境省低NOxマークを製品やパンフレットなどにつけることができます。


 【環境省低NOxラベル(製品貼付用)】

rabel      

 

【環境省低NOxマーク(パンフレットやWEBサイト掲載用)】

panfc        panf

 カラータイプ                                          モノクロタイプ

 

 

 

推奨ガイドラインとは

推奨ガイドラインとは、現在及び数年後の状況において、技術的・経済的に実現可能な最高水準の技術を用いた場合のNOx排出濃度を定めたものです。

 

(参考)東京都低NOx・低CO2小規模燃焼機器認定制度

東京都では、低NOxと低CO2が両立した環境性能の優れた燃焼機器の普及拡大を図ることを目的として、低NOx・低CO2小規模燃焼機器認定制度を設け、低NOxに加え、省エネ性能に優れた小規模燃焼機器を低NOx・(超)高効率燃焼機器として認定しています。

詳しくは東京都低NOx・低CO2燃焼機器ホームページをご覧ください。

 

   metro1       metro2

       低NOx・超高効率燃焼機器認定証票                低NOx・高効率燃焼機器認定証票

 

県民の皆様、事業者様へ 

小規模燃焼機器を購入される皆様におかれましては、ご購入の際に、上記の環境省低NOxラベルや 東京都低NOx・超高効率燃焼機器認定証票などを目印とし、低NOx型機器を購入されるようお願いいたします。

特に、ボイラー等業務用燃焼機器を複数台設置される事業者様におかれましては、低NOx型機器を選択されるようお願いいたします。

 

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部大気水質保全課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1508   ファクス番号:055(223)1512

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について