トップ > まちづくり・環境 > 環境保全 > 化学物質 > ダイオキシン対策 > 平成28年度ダイオキシン類の常時監視結果

更新日:2017年8月18日

ここから本文です。

平成28年度ダイオキシン類の常時監視結果

経緯

ダイオキシン類が人の生命及び健康に重大な影響を与えるおそれがある物質であることから、平成9年度に、県内の環境中(大気、公共用水域(水質・底質)、地下水質及び土壌)のダイオキシン類の実態を把握するため調査を開始した。

平成12年1月、ダイオキシン類による環境汚染を防止することを目的としたダイオキシン類対策特別措置法が施行され、常時監視することとなった。

内容

  • 大気、公共用水域(水質・底質)、地下水質、土壌について、すべての地点で環境基準を達成していた。
  • 県内の環境中における環境媒体別ダイオキシン類の濃度推移は、次のとおり減少傾向又はほぼ横這いで推移している。
  • 平成29年度も常時監視を実施し、環境中のダイオキシン類濃度の実態及びその推移を的確に把握し公表していく。

平成28年・DXN・常監・概要(PDF:72KB)

平成28年・DXN・常監・測定結果等(PDF:168KB)

過去の測定結果は、こちら。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県環境・エネルギー部大気水質保全課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1511   ファクス番号:055(223)1512

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について