ふりがな

音声

ここから本文です。

平成18年度のイベント開催状況

食の安全・安心を語る会

食品に残留する農薬等の問題については、皆さんの関心の高いところです。

本年、5月29日から『残留農薬等のポジティブリスト制度』が施行されました。この制度は、基準が設定されていない農薬等が、一定量を超えて残留する食品の販売等を原則禁止する制度です。

残留農薬等に関する食品健康影響評価や食品の生産・流通段階での取組についての講演、情報提供、参加者による意見交換を行い、各々の相互理解を深めました。

日時及び場所

平成18年11月15日(水曜日) 午後13時30分~16時30分

山梨県立文学館 研修室(甲府市貢川1-5-35)

内容

食の安全・食育推進大会

日時及び場所

平成18年9月14日(木曜日)  午後1時30分~4時00分  ベルクラシック甲府 3F

内容

  • 表彰

県内において、食の安全・食育推進活動を実施し、その活動が広く他の模範であると認められる団体を表彰

  • 講演  「食育はなぜ必要か~食べ物が身体を育み、食の空間が心を育む~」

講師   食育コーディネーター 大村直己 氏

  • 食の安全・食育推進についての事例発表

 

食の安全・安心調べ隊

平成18年7月26日(水曜日)、小学生とその保護者20組40名が「食の安全・安心調べ隊」に参加しました。

今年度はチーズなどの乳製品をテーマとし、牧場やチーズ製造施設を訪問し、楽しみながら親子で食の安全・安心の取り組みを学びました。

(財)キープ協会高冷地実験農場にて

説明

自家製の安全な牧草の使用や衛生対策などの取り組みを教えてもらいました。

集牧

集牧開始です。

牧草地から牛舎に向かっています。

牛追い

道草して遅れる牛も。

なかなか思い通りには歩いてくれません。

乳搾り

乳搾りを体験しました。

バター作り

バター作りにも挑戦!

バター作り

バターの出来上がりです。

美味しかったです。

  山梨県立八ヶ岳牧場天女山分場にて

説明

酪農の仕組みや県内から預託された育成牛の体位の向上と生産者の労働の軽減の取り組みについて教えてもらいました。

説明

牛の種類や牛乳のできる仕組みなどについても教えてもらいました。

私たちは牛から恩恵をたくさん受けていることがわかりました。

昼食

大自然と牛を眺めながらお昼ご飯です。

  雪印乳業株式会社チーズ研究所にて

説明

チーズの歴史、製造方法、衛生管理などの取り組みを教えてもらいました。

チーズの種類がたくさんあって驚きました。

見学

チーズの熟成庫を見学。

見学

ちょっと見づらいですが、大きなチーズをまるごと持たせてもらいました。

すごく重たかったです。

試食

見学を終えて、研究所で作られている8種類のチーズを試食しました。

初めて食べるチーズ、ちょっと大人の味わいのチーズ、いろいろありましたが、とても美味しかったです!

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部消費生活安全課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1638   ファックス番号:055(223)1320