更新日:2019年3月20日

ここから本文です。

「やまなしの環境2004」平成16年版

はじめに

本県には、富士山をはじめ誰もが引きつけられる豊かで美しい自然、いわゆる「美力」があふれており、また、旺盛な自立心を持ち、気力がみなぎる県民性が示すところの「民力」や個性あふれる歴史・文化・産業を創り出してきた力「創力」の三つの力があります。

 

この力は「山梨の宝」として、本県発展の原動力となっており、これを基に「誇れる郷土活力ある山梨」の実現に向け、長期計画「創・甲斐プラン21」を、昨年2月に策定し、各般の施策に全力で取り組んでいるところであります。

 

このプランの施策体系の一つに、「環境日本一やまなしの確立」を掲げ、「美しい恵み豊かな自然との共生」「循環型社会の形成」「地球環境の保全」「さわやかな生活環境の確保」の四つを施策推進の柱としました。

 

さらに、昨年4月1日には、環境の保全及び創造に関する基本理念並びに県民・事業者・県の責務を定めるとともに、施策を総合的に推進し、県民の健康で文化的な生活の確保に寄与することを目的として「環境基本条例」を施行しました。この条例の基本理念を具現化し、「環境日本一やまなしの確立」を図るため、現在、「環境基本計画」の策定を進めているところであります。

 

今後は、これらに基づき各種施策を総合的、計画的に推進して参る所存であります。

 

この「やまなしの環境」は、平成15年度の本県における環境の現状とその保全に向けた対策をまとめたものであり、本書を参考に、一人でも多くの県民の皆さんが環境問題への関心を深め、「環境日本一やまなし」の実現に向けた環境の保全及び創造をより一層活発に進めて頂くことを願っております。

 

平成17年1月

 

第1部総説

環境問題の動向(第1部環境問題の動向(PDF:26KB)

  1. 地球環境問題
  2. 日本の環境問題と環境施策
  3. 本県の環境への取組

第2部環境の現況と環境保全に関する施策の推進(第1章)

第1章参加と連携による環境の保全と創造(第2部第1章(PDF:83KB)

第1節環境保全実践活動の推進

  1. 環境首都づくりの実践活動の推進
  2. 県民・事業者・行政のパートナーシップの構築
  3. 民間団体の環境保全活動への支援
  4. 桂川・相模川流域環境の保全
  5. こどもエコクラブへの支援
  6. ふれあいの森林と人づくりの推進
  7. ISO等に基づく環境保全活動

第2節快適な環境づくり

  1. やまなし景観づくり
  2. やまなしの歴史文化公園の整備
  3. 身近なみどりの保全・創造
  4. 自然とのふれあいの場の保全・創造
  5. 環境に配慮した農村の整備

第2部環境の現況と環境保全に関する施策の推進(第2章)

第2章人と自然との共生に向けて(第2部第2章(PDF:147KB)

第1節自然環境の状況

  1. 植生
  2. 鳥獣
  3. 温泉

第2節自然保護対策

  1. 自然公園
  2. 自然環境保全地区等
  3. 野生生物の保護
  4. 富士山総合保全対策の推進
  5. 山岳環境保全対策

第3節森林の保全・育成

  1. グリーンミュージアム構想の推進
  2. FSC森林管理認証の維持
  3. 「森林文化の森」の整備
  4. 保安林の管理

第2部環境の現況と環境保全に関する施策の推進(第3章)

第3章環境の現況と対策

第1節大気環境

第2部第3章第1節(PDF:148KB)

  1. 大気の状況
  2. 大気汚染防止対策

第2節水環境

第2部第3章第2節(PDF:270KB)

  1. 水質の状況
  2. 水質汚濁防止対策

第3節騒音・振動・悪臭・地盤沈下防止対策

第2部第3章第3節(騒音ほか)(PDF:63KB)

  1. 騒音の状況と対策
  2. 振動の状況と対策
  3. 悪臭の状況と対策
  4. 地盤沈下の状況と対策

第4節廃棄物

第2部第3章第4節(PDF:125KB)

  1. 廃棄物の状況
  2. 廃棄物処理及びリサイクル対策

第5節化学物質

第2部第3章第5節(環境ホルモン)(PDF:49KB)

  1. 化学物質による環境汚染の状況
  2. 環境ホルモン問題への対応
  3. PRTR制度(化学物質排出移動量届出制度)

第6節公害苦情処理

第2部第3章第6節(PDF:55KB)

  1. 種類別苦情件数
  2. 公害苦情の処理件数

第2部環境の現況と環境保全に関する施策の推進(第4章)

第4章環境保全のための基盤的施策

第1節環境影響評価

第4章第1~3節(PDF:70KB)

第2節環境科学研究所

第3節森林総合研究所

第4節環境教育の推進

第4章第4~10節(PDF:101KB)

  1. 環境教育の推進体制
  2. 環境アドバイザーの派遣
  3. 環境教育推進事業

第5節環境に関する調査研究の推進

  1. 環境資源調査事業の推進
  2. 各研究機関における環境に関する調査研究
  3. クリーンエネルギーに関する調査研究

第6節環境情報の提供

第7節土地利用の適正化

  1. 適正な土地利用に関する計画
  2. 適正な土地利用に関する規制等

第8節環境保全型農業の推進

  1. 山梨県環境保全型農業基本方針
  2. 環境保全型農業の総合的な推進

第9節公共交通機関の利用

  1. 公共交通機関の現状
  2. 公共交通機関の利用促進対策

第10節企業における環境対策に対する支援・助成

  1. 支援措置
  2. 金融面における助成

第2部環境の現況と環境保全に関する施策の推進(第5章)

第5章地球環境の保全に向けて(第2部第5章(PDF:54KB)

第1節地球環境問題の現状

第2節地球環境問題への対策

  1. 地球温暖化防止対策
  2. オゾン層の保護対策
  3. 国際講演会2003
  4. 国際環境自治体協議会(ICLEI)活動の推進

第3部資料編

  1. 山梨県環境基本条例(第3部1~5(PDF:125KB)
  2. 環境行政の推進体制
  3. 環境基準等
  4. 「環境首都・山梨づくり」宣言
  5. 山の日宣言
  6. 山梨県グリーン購入の推進を図るための方針(第3部6~8(PDF:40KB)
  7. 環境関係表彰受賞者
  8. 平成14年度環境年表
  9. 大気の監視測定結果(第3部9(PDF:118KB)
  10. 有害大気汚染物質測定結果(第3部10~11(PDF:216KB)
  11. ダイオキシン類常時監視結果
  12. 環境用語の解説(第3部12(PDF:92KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部森林環境総務課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1632   ファクス番号:055(223)1636

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について