更新日:2013年9月10日

ここから本文です。

水政策基本方針

平成17年3月に策定した「山梨県水政策基本方針」は、平成25年6月に策定した「やまなし水政策ビジョン」の内容として引き継がれました。

山梨県水政策基本方針

水は私たちの暮らしや産業はもとより、あらゆる生命の維持に欠かせないものであり、この限りある貴重な水資源をできる限り自然な姿のままで、次の世代に伝え残していかなければなりません。

 

しかし、都市への人口の集中や山村地域の過疎化、産業構造やライフスタイスルの変化、地球温暖化など地球規模での気候の変化などを背景として、森林や農地の荒廃による水源かん養機能の低下が懸念されるなど、自然の水循環系に対しても大きな影響が及ぼされ、水質汚濁や生態系への影響など様々な水問題が表面化してきています。

 

こうした中、おいしい水やきれいな空気を創ることは、本県のような緑豊かな自然環境に恵まれた森林県の役割であり、上流地域、水源地域としての存在意義や価値を認識したうえで、その役割を果たしていく必要があります。

 

このため、本県の貴重な資源である水を将来にわたって創り、守り、活かしていくとともに、豊かな水資源を活かした地域振興を図っていくための総合的な指針として、平成17年3月に「山梨県水政策基本方針」を策定しました。

 

この基本方針では、「森の国・水の国やまなし」の確立を政策目標として定め、この目標を実現するために、次の5つの基本方針に基づき様々な分野における水政策を進めていきます。

  • 基本方針1:水を創る~豊かな水の創造と健全な水循環の確保~
  • 基本方針2:水を活かす~水を活かした産業の新たな展開~
  • 基本方針3:水を担う~流域の視点による地域間交流・協働の促進~
  • 基本方針4:水を守る~清らかで安全な水の確保と親しめる水辺の創造~
  • 基本方針5:水を治める~自然と調和した治水利水の推進~

「森の国・水の国やまなし」とは

県民共有の財産・資源である豊かで美しい森林と水を次世代に伝え残すため、長期的な視点に立った取り組みを継続して行うことにより、森と水の恩恵を現在も将来も持続的に享受できる社会です。

本文の目次とダウンロード

目次

  • 第1章 基本方針策定の背景・趣旨
  • 第2章 基本方針の役割
  • 第3章 水を取りまく環境の現状と課題の整理
    1. 県内の水環境の現状把握
    2. 県内の水利用の現状把握
    3. 県内の水源の現状把握
    4. 水に関する課題の整理
    5. 水に関する県民ニーズの把握、分析
  • 第4章 水を中心とした地域戦略
    1. 本県の水資源
    2. 将来人口と水需要
    3. 食料問題と水資源
    4. 水を中心とした地域戦略
  • 第5章 水政策基本方針
    • 基本方針1:水を創る~豊かな水の創造と健全な水循環の確保~
    • 基本方針2:水を活かす~水を活かした産業の新たな展開~
    • 基本方針3:水を担う~流域の視点による地域間交流・協働の促進~
    • 基本方針4:水を守る~清らかで安全な水の確保と親しめる水辺の創造~
    • 基本方針5:水を治める~自然と調和した治水利水の推進~
  • 第6章 基本方針に基づく施策や事業の推進体制
    1. 様々な主体の参加と連携
    2. 庁内推進体制の確立

資料 「山梨の「水」に関するアンケート」結果抜粋

 水政策基本方針関連事業の概要

平成24年度に実施する「水政策基本方針関連事業の概要」をまとめました。

  • 各事業は5つの基本方針ごとに掲載しています。
  • 掲載内容は、事業名、事業の概要及び担当課室です。

平成24年度水政策基本方針関連事業の概要(PDF:260KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部森林環境総務課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1632   ファクス番号:055(223)1636

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について