トップ > 組織から探す > 産業政策課 > 「持続化給付⾦」の支援対象が拡大されました。

更新日:2020年9月30日

ここから本文です。

「持続化給付⾦」の支援対象が拡大されました。

下記「持続化給付金申請受付ページ(外部リンク)」から申請いただけます。

売上が前年同⽉⽐等で50%以上減少している事業者に対して、事業全般に広く使える持続化給付⾦』の支援対象が拡大されました。

持続化給付金申請受付ページ(外部リンク)

 

新たに⽀援対象となる方(6月29日から申請開始)

1.主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者
2.2020年1月~3月の間に創業した事業者

・どちらのケースも、収⼊が50%以上減少していることが条件です。
・申請には、業務委託等の契約書や源泉徴収票などが必要となります。

給付額の計算方法(2020年創業の場合)
今年1月〜3月の総売上÷今年3月までの創業後月数×6-対象月の売上×6

必要書類
1.主たる収入を雑所得・給与所得で確定申告した個人事業者
業務委託契約書、源泉徴収票、支払いがあったことを示す通帳、国民健康保険証の写し等

2.2020年1月~3月の間に創業した事業者
持続化給付金に係る収入等申立書(国様式)※税理士の署名捺印が必要、開業届等

必要書類(事務局様式)
・持続化給付金に係る収入等申立書(中小法人等向け)【word(ワード:54KB)PDF(PDF:87KB)
・持続化給付金に係る収入等申立書(個人事業者等向け)【word(ワード:55KB)PDF(PDF:86KB)
・持続化給付金業務委託契約等申立書【word(ワード:47KB)PDF(PDF:117KB)
・確定申告を要しないこと及び収入金額に係る申立書【word(ワード:59KB)PDF(PDF:127KB)

給付額(上限)

法人200万円、個人事業者100万円

売上減少分の計算方法(一般的な申請の場合)

前年の総売上(事業収入)―(前年同⽉⽐▲50%⽉の売上げ×12ヶ⽉)

必要書類(一般的な申請の場合)

2019年の確定申告書類の控え
売上減少となった月の台帳写し
身分証明書の写し(個人事業者場合)
通帳の写し等
(必要書類は写真画像等を添付していただきます。)

※詳細は下記経済産業省のサイトをご覧ください。
「持続化給付金」の申請要領等(外部リンク経済産業省)
「持続化給付金」所管官庁(外部リンク中小企業庁)

申請サポート会場の開設について【完全予約制】

申請には、ご自身の『電子メールのアドレス』が必要となります。
ご自身での申請が難しい方は、次の申請サポート会場において申請代⾏サービスが受けられます。

甲府会場:高山ビル1F(甲府市丸の内2-29-3)
9時~17時(日曜日から金曜日)

<予約電話番号>
・0120-279-292
・03-6832-6631

8時30分~19時(日曜日から金曜日)

お問い合わせ先

経済産業省(持続化給付金制度全般、申請に関すること)

持続化給付⾦事業コールセンター 8時30分~19時(日曜日から金曜日)
<新規申請に関すること>
・0120-279-292(直通電話)
・03-6832-6631(IP電話専⽤回線)


<8月31日以前の申請に関すること>
・0120-115-570(直通電話)
・03-6831-0613(IP電話専⽤回線)

山梨県(申請に関すること)

持続化給付金相談専用ダイヤル 9時~17時(平日)
・055-223-1321
持続化給付金の申請受付について(PDF:174KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部産業政策課 担当:企画団体担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1321   ファクス番号:055(223)1534

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について