トップ > しごと・産業 > 商工業 > 商業・金融 > 商店街活性化 > 観光消費創出及びインバウンド需要拡大推進に係る施策について

更新日:2020年2月10日

ここから本文です。

観光消費創出及びインバウンド需要拡大推進に係る施策について

商店街を活性化させ、魅力を創出させるためには、観光やインバウンドなど、地域外から新たな需要を取り込むことが重要となっています。

このため、国(中小企業庁)では、令和元年度から、商店街活性化・観光消費創出事業による支援が行われています。

また、令和2年度には、インバウンド需要拡大推進事業による支援が行われる予定ですので、関連情報をお知らせします。

商店街活性化・観光消費創出事業について

商店街等組織、商店街等組織と民間事業者の連携体(まちづくり会社など)が、地域の市町村と連携し、インバウンドや観光等の地域外や日常の需要外から新たな需要を効果的に取り込み、消費の喚起につなげるために行う、商店街の環境整備やイベント実施等の取り組みを支援します。

※この「消費創出事業」は、ハード整備とソフト事業を合わせて実施することが可能です。

また、商店街の魅力を向上させ、より実効性の高い取り組みとなるよう、商店街等組織に対する専門家の派遣を支援します。

※この「専門家派遣事業」は、「消費創出事業」に先立って実施することが必須となっています。

 

補助事業者に対し、国(関東経済産業局)から直接補助が行われます。

補助率は、消費創出事業が3分の2以内、専門家派遣事業が定額(10分の10)です。

また、補助金の上限額は2億円、下限額は200万円となっています。

 

事業の概要は、添付ファイル(PDF:471KB)をご覧ください。

詳しくは、中小企業庁のホームページをご覧ください。

 

インバウンド需要拡大推進事業について

地域での訪日外国人消費額の増加、中小商業・サービス業の生産性向上につなげるため、地域の中小商業・サービス業のグループ等が、様々な企業と連携して、新たな商品・サービスを開発・導入する取り組みを支援します。

 

補助事業者に対し、国(関東経済産業局)から直接補助が行われます。

補助率は、3分の2以内です。

 

事業の概要は、添付ファイル(PDF:336KB)をご覧ください。

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部商業振興金融課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1535   ファクス番号:055(223)1547

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について