トップ > しごと・産業 > 商工業 > 商業・金融 > 貸金業関係 > ヤミ金融などにご注意ください

更新日:2014年2月27日

ここから本文です。

ヤミ金融などにご注意ください

違法な業者による高金利・厳しい取立てなどの被害にあわないためには、その手口を知り、似たような手口に出会った場合には十分注意することにより、無登録業者や法外な高金利を取る業者などの違法な業者を利用しないことです。

ヤミ金融などの手口

(1)登録詐称業者

広告の登録番号の表示に架空の登録番号を使用したり、他の貸金業者の登録番号を使用するなどして登録業者を装う無登録業者。

「無登録貸金業者の情報」(PDF:4KB)をご覧ください。

(2)090金融

勧誘のチラシに携帯電話の番号と業者名しか書かず、正体を明かさないまま、違法な高金利で小口の融資を行う。

(3)システム金融

資金繰りに困った商工業者等に対して、即日で融資することをうたい文句にダイレクトメールやファックス等で勧誘し、勧誘に応じると担保代わりに手形や小切手を送らせ融資する。⇒差入れ手形や小切手の期日が近づくと、最初の業者は厳しく取立てを迫る一方、別の業者から融資の案内が届き、借り換えを勧誘する。⇒複数の業者が債務者(借入人)情報を共有しており、同一者に次々と融資を行う。⇒債務者の会社を倒産させまいとする弱みにつけ込んでおり、この方法を繰り返し行うことによって、違法な高金利の借入れを雪だるま式に膨れ上がらせ、やがては破産に追い込む。

(4)押し貸し

契約もしていないのに勝手に銀行口座に現金を振り込み、法外な高金利の利息などを請求する。

(5)チケット金融

チケット(高速回数券など)を代金後払いという形で販売し、チケットを指定した金券ショップなどに持ち込むことで現金化させる。業者は一週間後にチケットの販売金額を返済させる。現金化した受取金額と返済金額との差額を利息とみると法外な利息となる。

(6)家具リース金融

債務者の家具一式を買い取る売買契約を結び、売買代金としてお金を渡す。そして、業者がその家財道具一式を債務者にリースする旨のリース契約を結び、家具はそのまま家に置いておいて,リース料として法外な利息を取る。同様な手口として車リース金融もある。

(7)紹介屋

あたかも低金利で融資するように思わせて多重債務者を呼び込み、「あなたの信用状態はよくない。うちでは貸せないのでほかの店を紹介する。」などと言って、他の店で借りるように指示し、そこで借入れした金額の一部を紹介料としてだまし取る。

(8)整理屋

「あなたの債務を整理・解決します」などと広告し、多重債務者から「整理手付金」といった名目で現金などを預かり、整理をしないでだまし取る。

(9)買取屋

融資の条件としてクレジットカードで商品を次々と買わせ、それらを定価以下の安い金額で買い取るか、又はさらに高金利で融資する。申込者には、業者への借金のほかにクレジット会社への債務が残る。

(10)名義貸し

「消費者金融会社の調査」等の名目で「お金を借りるだけのアルバイト」と称して消費者金融会社から金銭を借り受けさせ、一定のアルバイト料を支払った上で「返済はこちらでやっておく」と発行されたカード(暗証番号も)もろとも金銭をだまし取る。集まったお金とカードで返済と借入を繰り返すため、返済が行なわれている間は発覚せず、長期間だまされていることに気付かない。

(11)架空請求

クレジット会社等から債権を譲り受けたと偽って債務の返済を求めたり、使ってもいないアダルトサイトの使用料を請求して指定する金融機関の口座に金銭を振り込ませてだまし取る。

(12)融資保証金詐欺

  • 融資の約束をした後、保証料などと称して手形、小切手、現金を送付させ、融資を実行しないまま連絡を絶ち、だまし取る。
  • 融資する前に返済の信用や実績を見せて欲しいと、先にお金を振り込ませ、実際には融資を実行しないでだまし取る。
  • 大手金融機関などを装って、「お金を貸します」といった内容のダイレクトメールや携帯電話のメール等を送りつけて、保証金や保険金名目で現金をだまし取る。

(13)いわゆる「偽装質屋」

担保価値のない物品を質に取り、実際には年金などを担保として違法な高金利で貸付をする。

 ヤミ金融などに困ったときは

貸金業者に関するトラブルや困ったときは、最寄りの相談窓口あるいは警察署へご相談ください。

  • (1)返済が困難になったとき
  • (2)知らないうちに保証人にされたとき
  • (3)悪質な取り立てを受けたとき
  • (4)高金利を支払ったり、請求されたとき
  • (5)業者の登録を確認したいとき

1人で悩まず、まず相談

  • 県警総合相談室 甲府市丸の内1-6-1  TEL055-233-9110
  • 各警察署生活安全係
  • 県民生活センター 甲府市飯田1-1-20 JA会館5階 TEL055-223-1366
  • 日本貸金業協会山梨県支部 甲府市相生1-2-31大同生命甲府ビル3階 TEL055-226-7820

ヤミ金融等に関する法律相談

  • 山梨県弁護士会 甲府市中央1-8-7 TEL055-235-7202
  • 山梨県司法書士会 甲府市北口1-6-7 TEL055-253-6900

登録業者に関する問い合わせ

  • 県商業振興金融課(山梨県知事登録業者)甲府市丸の内1-6-1 TEL 055-223-1538
  • 関東財務局甲府財務事務所(関東財務局登録業者)甲府市北口1-1-8 甲府合同庁舎8階 TEL 055-253-2261

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部商業振興金融課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1535   ファクス番号:055(223)1547

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について