トップ > 組織から探す > 福祉保健部 > 障害福祉課 > 災害時の心のケアについて

更新日:2018年3月14日

ここから本文です。

災害時の心のケアについて

災害時における精神医療の提供や心の健康の保持・向上を目的とした本県の取組について紹介します。

山梨県災害時心のケアマニュアル

大規模災害時において、被災地域のニーズに応じて、精神医療の提供や心の健康の保持・向上を図る活動が円滑に実施できるよう、災害派遣精神医療チーム、DPAT(Disaster Psychiatric Assistance Team)の活動のあり方などをまとめたマニュアルを平成29年12月27日に策定しました。

※DPAT:Disaster Psychiatric Assistance Teamの略。精神科医師、精神保健福祉士、保健師、看護師、業務調整員など1チーム4名程度で構成され、自然災害等が発生した現場において、精神医療と精神保健活動を行うチームのこと。

 

山梨県災害派遣精神医療チーム(DPAT)

災害時における心のケアの充実を図るため、山梨大学、県内の民間精神科病院で構成する山梨県精神科病院協会及び県立北病院と、災害派遣精神医療チーム(DPAT)の派遣に関する協定を平成30年3月13日に締結しました。

 

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部障害福祉課 担当:心の健康担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1495   ファクス番号:055(223)1464

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について