トップ > 組織から探す > 福祉保健部 > 障害福祉課 > じん臓機能障害の認定基準の見直しについて(平成30年4月から)

更新日:2018年3月26日

ここから本文です。

じん臓機能障害の認定基準の見直しについて(平成30年4月から)

平成30年4月から「じん臓機能障害」に関する身体障害者手帳の認定基準が改正されます。

 主な改正内容は次のとおりです。

 ・内因性クレアチニンクリアランス値の適用について、年齢による制限がなくなります。

 ・「eGFR」が3級(10未満)、4級(10以上20未満)の判定時は適用も可能となります。

 なお、平成30年4月1日以降に作成された診断書・意見書を添付した申請から新たな認定基準の対象になります。 

 リーフレット(平成30年4月から「じん臓機能障害」に関する認定基準が変わります)

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部障害福祉課 担当:企画推進担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1460   ファクス番号:055(223)1464

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について