トップ > 組織から探す > 福祉保健部 > 障害福祉課 > 平成28年度山梨県版障害者ジョブコーチ養成・フォローアップ研修の実施について

更新日:2017年2月15日

ここから本文です。

平成28年度山梨県版障害者ジョブコーチ養成・フォローアップ研修の実施について

目的

企業等への就職を希望する障害者の職業生活を支援する人材の確保が不可欠であることから、県版障害者ジョブコーチとなる人材の養成を行い、また、実習等を通じて、活動中の県版障害者ジョブコーチの資質向上を図ることで、障害者の職業生活を支援する体制を整え、もって障害者の一般就労の促進と定着を図る。

実施主体

山梨県(事業委託先:すみよし障がい者就業・生活支援センター)

対象者

次の(1)(2)いずれかに該当する方

(1)障害者の職業生活を支援することに対して意欲があり、県版障害者ジョブコーチとして登録された場合に実際に活動できる者。具体的には、以下の3要件を満たす者。

  • 障害者就業・生活支援センターからの派遣要請があった場合、平日・休日を問わず対応が可能
  • 原則として、電子メールによる連絡が常時可能(パソコン、スマートフォン、携帯メール等の閲覧・返信が可能)
  • 障害者就業・生活支援センターで実施するエリアミーティングに出席可能

(2)県版障害者ジョブコーチとして現に登録されている者

開催日時

平成29年3月14日(火曜日)、15日(水曜日)、25日(土曜日)の全3日間の日程で行う。

午前9時30分から受付、午前10時から午後4時までの予定。

開催場所

1日目、2日目は、小瀬スポーツ公園(甲府市小瀬町840)陸上競技場(山梨中銀スタジアム)会議室

3日目は、甲府積水産業株式会社(甲府市上条新居町300山梨積水株式会社内)

研修内容

1日目:講義

  • 基調講座「県版障害者ジョブコーチとして期待すること」
  • 基礎講座1「発達に障害がある方の特性について」

2日目:講義等

  • 基礎講座2「県版ジョブコーチの職務について」
  • 演習「支援の事例より」

3日目:現場実習

  • 現場実習「実際の職場における支援について」

(各内容については、変更になる場合があります。)

費用

無料(研修にかかる費用について。交通費等は自己負担となります。)

定員

40名程度

申込者多数の場合、受講をご遠慮いただくことがありますので、あらかじめご了承ください。

申し込み方法

下記に添付のチラシの受講申込書を用いて、平成29年3月7日(火曜日)必着で、次の宛先までファックスにてお申込みください。

FAX:055-221-2136

すみよし障がい者就業・生活支援センター(電話055-221-2133)

登録について

全課程を修了した者を県版障害者ジョブコーチとして登録します。登録者は、企業等からの要請による派遣に応じた場合、支援活動を行っていただくことになります。

その他

  • 受講不可の場合のみ、申込書内の電話あてに連絡いたします。
  • 3日目の現場実習は、ご協力いただく企業への現地集合、現地解散となります。詳細については、2日目に説明します。

 

 

チラシ・受講申込書(ワード:48KB)

 

研修実施要領(ワード:46KB)

オープンデータ

クリエイティブ・コモンズ表示4.0国際ライセンス チラシ・受講申込書(ワード:48KB)

山梨県版障害者ジョブコーチ養成・フォローアップ研修のチラシ・受講申込書

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部障害福祉課 担当:地域生活支援担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1461   ファクス番号:055(223)1464

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について