更新日:2020年2月21日

ここから本文です。

「いのちのセーフティフォーラム2020」の開催(※中止)

《※》開催中止のお知らせ(2月21日)

 このたび、開催を予定していた「いのちのセーフティフォーラム2020」につきまして、新型コロナウイルス感染の拡大防止の観点から開催を中止いたします。

 

開催趣旨

 山梨県における自殺者数は、減少傾向にあるものの、依然として多くの方が自ら命を絶っているという悲しむべき事態に変わりはありません。

  本フォーラムは、県民への自殺に関する適切な知識の普及啓発を図るとともに、自殺は誰にも起こり得る身近な問題であるという認識を持っていただき、自殺対策を県民運動として定着させる契機とするため、「いのちの大切さ」をテーマに開催します。

 講師の腰塚勇人先生からは、『命の授業』を通して、「命の当たり前の大切さ」や「ドリー夢メーカー」として「命の喜ぶ生き方」等について御講演していただきます。

 また、山梨県では、多くの方々に「いのちの大切さ」について考えていただくために制作した普及啓発動画「#こころAID いのちを守るメッセージ」を初披露します。

 

いのちのセーフティフォーラム2020チラシ(PDF:823KB)

ちらし

日時

令和2年3月1日(日曜日) 午後2時30分~午後5時

場所

山梨学院大学メモリアルホール(甲府市酒折2-4-5)

テーマ

「いのちの大切さ」

内容

講演 『命の授業』

講師 腰塚 勇人 先生

 <略 歴>(講師チラシ)(PDF:2,511KB)

1965年神奈川県生まれ。元、中学体育教師・養護学校教員 。『命の授業』講演家。スキーでの事故で首の骨を折り、全身マヒの体に。その後、懸命のリハビリにより社会復帰できるまでに回復し、事故をきっかけに人生も人生観も大きく変化。2010年3月教職を辞し、現在は『命の授業』を通して「命の当たり前の大切さ」や「ドリー夢メーカー」として「命の喜ぶ生き方」について伝えている。

 

民間団体取組紹介等

 「いのちを守る」ための活動に取り組む民間団体より、日々の活動状況等についてお話しいただきます。

 

普及啓発動画「#こころAID いのちを守るメッセージ」お披露目

山梨県では、県内外問わず多くの方々に「いのちの大切さ」について考えていただくため「いのちを守る」活動に取り組む関係団体等からのメッセージを集めた動画を制作しました。本県出身で人気のシンガーソングライターericaさんが、このために書き下ろした楽曲「光の滴」にのせてお届けします。歌詞には、この取り組みに賛同したericaさんの思いが込められています。

 

定員

600名(先着順) ※車椅子席、手話通訳・要約筆記の対応もしています。

入場料

無 料

※お車でご来場の際は、グリーン駐車場に駐車してください。(詳細はチラシ裏面に掲載しております。)

※当日は、キャンパス内で英語検定試験が行われていますので、試験の妨げにならないよう、お静かに御来場いただきますよう御協力をお願いします。

申込

事前申込が必要です。申込方法は添付のチラシ裏面をご覧ください。みなさまの御来場をお待ちしております。

【チラシ裏】いのちのセーフティフォーラム2020(PDF:2,185KB)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部障害福祉課 担当:心の健康担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1495   ファクス番号:055(223)1464

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について