トップ > よくあるお問い合わせ > 法改正前の電気工事士と第二種電気工事士について

更新日:2013年2月21日

ここから本文です。

法改正前の電気工事士と第二種電気工事士について

ご質問

電気工事士免状(法改定前)を持っていますが、電気工事の作業に従事することはできますか。

回答

昭和62年の電気工事士法改正以前に交付された電気工事士免状は、現在の第二種電気工事士免状として有効で、そのままで一般用電気工作物の工事に従事することができます。
 また、汚損、紛失等による再交付、記載事項の変更による書換え申請をされる場合には、第二種電気工事士として申請することとなります。
(申請書類等については、山梨県庁のホームページからダウンロードすることも可能です。)

このページに関するお問い合わせ先

山梨県防災局消防保安課 担当:保安管理担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1434   ファクス番号:055(223)1429

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について