トップ > くらし・防災 > 防災 > 国民保護 > 山梨県メディカルコントロール協議会設置要綱

更新日:2019年6月11日

ここから本文です。

山梨県メディカルコントロール協議会設置要綱

(目的)

第1条 山梨県における救急救命士及び救急隊員の資質の向上を図り、地域におけるプレホスピタル・ケアの一層の充実を推進するため、消防機関と医療機関が連携し、メディカルコントロール体制の一層の推進を図ることを目的として「山梨県メディカルコントロール協議会」(以下「協議会」という。)を設置する。

(協議事項)

第2条 協議会は、次の事項について協議する。

(1)救急救命士に対する指示体制及び救急隊員に対する指導・助言体制の調整に関すること。

(2)救急隊員の病院実習等の調整に関すること。

(3)地域における救命効果など地域の救急搬送体制及び救急医療体制に係る検証に関すること。

(4)救急活動の事後検証に用いる救急活動記録様式の項目又は検証票様式の項目の策定に関すること。

(5)救急業務の実施に必要な各種プロトコールの策定に関すること。

(6)傷病者受け入れに係る連絡体制の調整等救急搬送体制及び救急医療体制に係る調整に関すること。

(7)その他、地域のプレホスピタル・ケアの向上に関すること。

(構成)

第3条 協議会は、別表に掲げる委員をもって構成する。

(役員等)

第4条 協議会の役員として、会長1名、副会長1名を置く。

2 会長は、委員の互選により選出する。

3 会長は、協議会を代表し、会務を総理する。

4 副会長は、会長が指名することとし、会長を補佐し、会長に事故があるときはその職務を代行する。

5 役員及び委員の任期は2年とし、補欠の役員の任期は前任者の残留期間とする。

6 役員及び委員は再任を妨げない。

(会議)

第5条 協議会は、第2条に定める事項を協議決定するものとする。

2 協議会は、会長が招集する。

3 協議会は、会長が主催し議長を務める。

4 協議会議決は、出席者の過半数の同意をもって決し、可否同数の時は議長の決するところによる。

5 協議会は、必要があるときは関係者から意見を聴取することができる。

(専門部会)

第6条 会長は、第2条各号に掲げる事項を協議し、推進するため必要と認めるときは、専門部会を置くことができる。

2 専門部会は、消防機関、救急医療機関及び行政機関の中から会長が必要と認めた者をもって構成する。

3 専門部会は、会長から付託された協議事項について検討し、その結果を会長に報告しなければならない。

(事務局)

第7条 協議会の事務局は、山梨県防災局消防保安課において所掌する。

(その他)

第8条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、協議会において定める。

附則

この要綱は、平成14年11月29日から施行する。

この要綱は、平成28年4月1日から施行する。

 

トップページに戻る

このページに関するお問い合わせ先

山梨県防災局消防保安課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1430   ファクス番号:055(223)1429

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について