トップ > しごと・産業 > 林業 > 森林整備・保全 > 松食い虫等対策 > ヤノナミガタチビタマムシによるケヤキの被害について

更新日:2019年7月9日

ここから本文です。

ヤノナミガタチビタマムシによるケヤキの被害について

chibitama01

被害の発生したケヤキ林 

ヤノナミガタチビタマムシとは?

本来は秋~冬にかけて紅葉・落葉するケヤキですが、夏期に葉が褐色~茶色に変色して落葉するヤノナミガタチビタマムシによる食害が県内で多発しています。
ヤノナミガタチビタマムシは体長3~4mm程度のタマムシ科の昆虫ですが、幼虫・成虫ともにケヤキの葉に食害を及ぼす害虫です。
夏期の落葉は、5~6月にケヤキの葉に産み付けられ、ふ化したヤノナミガタチビタマムシの幼虫がケヤキの葉に食害を及ぼしたことによるものです。
落ち葉には幼虫が付着しており、落葉内で蛹となり8月頃に羽化すると、再度ケヤキの葉に被害を及ぼします。
この被害により、ケヤキがすぐに枯れてしまうことはありませんが、樹勢を衰えさせるので、弱っているケヤキ等には注意が必要です。

 被害の状況

 

chibitama02

食害の状況

駆除の方法について

ヤノナミガタチビタマムシ被害からの防除方法としては、幼虫が付着した落ち葉を早急に除去(焼却又は土中埋込み)することにより、害虫の増殖を防ぐ方法が有効と考えられています。
なお、ヤノナミガタチビタマムシの駆除に有効な薬剤は現在のところ登録されていません。
詳しくは、森林総合研究所の「やまなし林業普及通信」(こちら)を参照してください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部森林整備課 担当:森林保護・育成担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1646   ファクス番号:055(223)1678

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について