トップ > しごと・産業 > 補助・支援 > 商工業・サービス業 > その他支援制度等 > 平成29年度やまなし産業大賞の募集について

更新日:2017年6月22日

ここから本文です。

平成29年度やまなし産業大賞の募集について

山梨県では、どこにもマネのできない優れた技術やホットな製品をもっている企業、顧客へ新しい価値や生活を創造・提案し続ける経営を行う企業などを募集しています。他の企業の目標となっていただき、県内産業が元気になることを目指しています。自薦・他薦は問いません。ふるってご応募ください。

やまなし産業大賞募集チラシ(PDF:112KB)

これまでの受賞企業

募集部門

【ものづくり大賞部門】

製品・技術等であって、新規性・独創性、技術的完成度、市場性、成長性などに優れた画期的なもの

【経営品質大賞部門】

お客様満足と競争優位を実現する経営の仕組みを有し実践している企業等

賞の種類

部門ごとに、次の賞が授与されます。なお、賞には、該当がない場合もあります。

【ものづくり大賞部門】

大賞1件<賞状、記念品、奨励金20万円>

優秀賞2件<賞状、記念品、奨励金10万円>

【経営品質大賞部門】

大賞1件<賞状、記念品、奨励金20万円>

優秀賞2件<賞状、記念品、奨励金10万円>

募集期間

平成29年6月1日(木曜日)から平成29年7月18日(火曜日)まで【必着】

募集対象の要件

【ものづくり大賞部門】

  1. 県内に、本社か、工場・研究所その他の活動拠点がある製造業(日本標準産業分類大分類F)に分類される企業(団体を含む)であること
  2. 県内の活動拠点等で開発又は製造していること
  3. 応募時点で、販売・提供されているもので、販売・提供開始後概ね5年を経過していないこと
  4. 応募対象に関連して、知的財産権の帰属に関する争いや、権利侵害等に関する主張を受けていないこと
  5. 大賞受賞に相応しくない事由がないこと

【経営品質大賞部門】

  1. 県内に本社その他の事業所を有すること
  2. 日本経営品質賞のアセスメント基準に準じて、経営品質の成熟度が高いこと
  3. 好業績をあげていること
  4. 応募対象の、経営の仕組み・実践を公表することに同意すること
  5. 大賞受賞に相応しくない事由がないこと

【共通】

自己または自社役員等が、次の各号のいずれかに該当するものでないこと、また、次の各号に掲げる者が、その経営に実質的に関与していないこと。

  1. 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)
    第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)
  2. 暴力団員(同法第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)
  3. 自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもって、暴力団又は暴力団員を利用している者
  4. 暴力団又は暴力団員に対して資金等を供給し、又は便宜を供与するなど、直接的若しくは積極的に暴力団の維持・運営に協力し、又は関与している者
  5. 暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有している者
  6. 下請契約又は資材、原材料の購入契約その他の契約に当たり、その相手方が上記(1)から(5)までのいずれかに該当することを知りながら、当該者と契約を締結している者

応募方法

「平成29年度やまなし産業大賞応募申込書」の「ものづくり大賞部門用」又は「経営品質大賞部門用」に必要事項を記入の上、平成29年7月18日(火曜日)までに必着するよう山梨県産業労働部新事業・経営革新支援課まで送付するか、ご持参ください。ただし、応募期間中であっても土日祝祭日には、持参による受付は行っておりません。

応募単位は、県内に本社のある企業の場合は、原則としてその企業単位となります。県内に本社のない企業の場合は、原則として県内に所在する事業所全体を単位とします。

ものづくり大賞部門は製品・技術が対象ですが、異なる製品・技術であっても同一企業が複数応募することはできません。

ものづくり大賞と経営品質大賞とは、部門が異なりますので、同時に応募することは可能です。

応募は、自薦・他薦を問いません。他薦の場合は、申込書の該当欄に推薦者の押印が必要となります。

応募の際には、応募案件に関する説明資料としてパンフレットや説明書、写真等を添付してください。説明資料を添付する場合は、同一のものを8部ご提出ください。

応募書類の不備や、必要な資料等がある場合は、再提出や追加提出を求めることがあります。

応募書類は、返却いたしません。

審査方法

応募案件は、商工団体等により構成される運営委員会又は評価員による第一次審査を経た後、審査委員会において第二次審査を行います。第二次審査の日時、場所については第一次審査通過のご連絡とともに、お知らせいたします。

【ものづくり大賞部門】

第二次審査の際に、応募案件についてプレゼンテーションと質疑を行っていただきます。また、プレゼンテーション前に、直近の決算書を提出して頂きます。

【経営品質大賞部門】

第一次審査で適当と認められた企業については、評価員が事業所を訪問して調査、質疑をさせていただきます。訪問日時等については、7月中旬~7月下旬頃ご連絡させていただきます。

第二次審査の際には、自社のプレゼンテーションと質疑を行っていただきます。また、プレゼンテーション前に、直近の決算書を提出して頂きます。

受賞者の発表と表彰式

平成29年10月下旬にプレス発表するとともに、県庁のホームページで公表し、受賞者には直接通知します。

平成29年11月9日(木曜日)に「山梨テクノICTメッセ2017」(開催期間平成29年11月9日~11日)会場内において、表彰式を開催する予定です。

募集要項等

このページに掲載されている募集内容の詳細は、以下のファイルからダウンロードできます。

<参考資料>

記載例:平成29度やまなし産業大賞応募申込書(経営品質大賞部門)(PDF:53KB)

平成28年度受賞企業(大賞・優秀賞)の紹介

『ものづくり大賞部門』

大賞:シチズン電子株式会社

優秀賞:山梨銘醸株式会社

審査員奨励賞:株式会社細田、株式会社富士見技研

 

『経営品質大賞部門』

大賞:株式会社クア・アンド・ホテル石和健康ランド

優秀賞:有限会社おかめ鮨

審査員奨励賞:株式会社イトウ・アット・ホーム

 

受賞理由(PDF:251KB)

大賞受賞企業(経営品質大賞部門)の現地見学会開催

過去に、やまなし産業大賞経営品質大賞部門において大賞を受賞した企業の現地見学会を開催します。詳しくは「やまなし産業大賞(経営品質大賞部門)大賞受賞企業の現地見学会について」をご覧ください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部新事業・経営革新支援課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1544   ファクス番号:055(223)1569

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について