トップ > 新着情報 > 平成28年度の新着情報 > 平成28年11月臨時県議会知事説明要旨

更新日:2016年11月7日

ここから本文です。

平成28年11月臨時県議会知事説明要旨

平成二十八年十一月臨時県議会の開会に当たり、提出致しました案件につきまして、その概要を御説明申し上げます。

 三笠宮崇仁親王殿下の御訃報に接し、悲しみの念に堪えません。
 殿下には、妃殿下とともに、昭和四十五年夏の全国レクリエーション大会、六十一年秋のかいじ国体の際に御臨場を仰ぎ、県内各地において県民と親しく接していただきました。
 謹んで心から哀悼の意を表します。

 次に、予算案につきまして申し上げます。
 国においては、先月十一日に、未来への投資を実現する経済対策を盛り込んだ、総額三兆二千八百六十八億円余の補正予算が成立致しました。
 このうち、公共事業の予算については、過日、本県への内示額が明らかになったところであります。
 社会資本の整備は、県民生活の向上や地域経済の発展に直結するとの基本認識のもと、事業効果を早期に発現できるよう、今回、臨時県議会を招集し、御審議をいただくこととした次第であります。
 補正予算においては、先ず、二十一世紀型のインフラ整備として、五十億円余を計上致しております。
 具体的には、間伐や、早期開通が可能な林内路網、畑地や樹園地などの整備により、農林水産業の競争力強化を図るほか、新山梨環状道路東部区間など、県内の道路ネットワークを形成する基幹的な道路の整備により、地域の競争力強化や成長の基盤となる社会資本の形成を加速化して参ります。
 また、安全・安心、防災対応の強化を図るための事業として、四十九億円余を計上致しております。
 具体的には、トンネルや公園施設の老朽化対策、橋梁や下水道施設の耐震化、河川の護岸整備による治水対策を進めるほか、台風などに起因した山地災害発生箇所の復旧整備などを実施することとしており、このうち、急傾斜地崩壊対策事業や復旧治山事業などの一部が、今回の整備により完了するなど、自然災害に強い、強靭な県土づくりを着実に進めて参ります。

 以上の内容をもって編成しました結果、一般会計の補正額は、百八億円余、既定予算と合わせますと四千八百六十四億円余となっております。
 この財源と致しましては、国庫支出金五十四億円余、県債四十七億円余などとなっており、県債には、国の有利な交付税措置が講じられることとなっております。
 特別会計は、恩賜県有財産ほか一会計で七億円余であり、これらを合わせ、会計間の重複額を控除した補正予算の総額は百十一億円余となっております。
 なにとぞ、よろしく御審議の上、御議決あらんことをお願い申し上げます。

 平成二十八年十一月七日

 山梨県知事  後 藤 斎

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総務部財政課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1381   ファクス番号:055(223)1385

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について