トップ > 新着情報 > 令和元年度の新着情報 > スマート自治体研究会中間報告書の公表について

更新日:2019年12月18日

ここから本文です。

スマート自治体研究会中間報告書の公表について

 日本社会においては、民間企業を中心にAIやロボット等のICT技術の導入により、従来、人が担っていた作業の補助・代替が可能となり、事務の効率化が図られています。また、情報技術の進歩によりテレワークのように働き方を変える環境が整いつつあります。
 こうした中、本県市町村においても時代に合わせてより良い住民サービスが提供できるよう、平成30年12月に「スマート自治体研究会」を設置し、県と市町村がともに将来を見据えて、行政内部の業務効率化について研究会を進めているところです。
 これまで7回にわたり開催した研究会での議論を踏まえ、このほど、中間報告書をとりまとめましたので、次のとおり公表します。

<公表内容>
『スマート自治体研究会中間報告書』
 第1章 はじめに
  第1 本研究会の目的等について
  第2 本年度の共同研究テーマについて
 第2章 共同研究を踏まえたAI・RPA導入手法等の紹介
  第1 議事録支援システム
  第2 AI-OCR・RPAについて
 第3章 県における取組の紹介
  第1 議事録支援システムについて
  第2 RPAについて
  第3 テレワークについて
  第4 テレビ会議システムについて
 第4章 県内市町村における取組の紹介
  第1 RPAの導入について【富士吉田市】
  第2 AI-OCR・RPAの導入について【大月市】
 第5章 おわりに
 参考資料

 詳細については、下記ホームページをご覧ください。
 https://www.pref.yamanashi.jp/shichoson/smartjititai/201912tyuukanhoukokusyo.html

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総務部市町村課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1424   ファクス番号:055(223)1428

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について