トップ > 新着情報 > 令和元年度の新着情報 > 春季企画展「人口拡大の時代─郷村・荘園の成立と展開─」(県立考古博物館)

更新日:2019年4月20日

ここから本文です。

春季企画展「人口拡大の時代─郷村・荘園の成立と展開─」(県立考古博物館)

画像:百々遺跡出土・八稜鏡

百々遺跡出土・八稜鏡

県立考古博物館では平成31年度春季企画展「人口拡大の時代─郷村・荘園の成立と展開─」を開催いたします。

今からおよそ1,000年前、平安時代の中頃になると、律令国家から王朝国家へと国のかたちが大きく変化します。山梨においてもこのころから荘園が形成され、遺跡や集落の数も急激に増加します。また、中世になると新たな村落が発生したことが文献史料から明らかになっています。今回の企画展では、平安時代中頃から中世にかけての社会の様子を、貴重な出土品から読み解きます。

また、会期中は企画展関連イベントとして「国司人生ゲーム」「戸籍作り体験」を開催いたします。ぜひ、本展のご観覧と合わせてご参加ください。

大勢の皆さまのご来館をお待ちしております。

会期:平成31年4月20日(土曜日)~6月16日(日曜日)
開館時間:午前9時~午後5時(入館の受け付けは午後4時30分まで)
会場:県立考古博物館・企画展示室
観覧料:無料

詳しくは、県立考古博物館のホームページをご覧ください。

画像:小井川遺跡出土・五輪塔

小井川遺跡出土・五輪塔

画像:春季企画展のご案内

平成31年度春季企画展のご案内

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会考古博物館 
住所:〒400-1508 甲府市下曽根町923
電話番号:055-266-3881   ファクス番号:055-266-3882

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について