トップ > 新着情報 > 令和3年度の新着情報 > 山梨県チャイルド・デス・レビュー(CDR)事業を開始しました

更新日:2021年7月12日

ここから本文です。

山梨県チャイルド・デス・レビュー(CDR)事業を開始しました

 チャイルド・デス・レビュー(CDR)とは、子どもが死亡したときに、その原因などについて、多くの関係機関(病院、保健所、市町村、児童相談所、警察等)が情報や意見を持ち寄って話し合い、「次に同じような死亡が起きないための予防策」を検討して実施しようとする取組です。

 山梨県では、令和2年度から、厚生労働省のモデル事業に参加して「山梨県予防のための子どもの死亡検証体制整備事業(CDR)」を開始しています。

 検証の結果で得られた予防のための施策を県や国に提案し、予防可能な子どもの死亡を減らすために役立てていきます。

 CDRは、予防可能な子どもの死亡を減らすための検証であり、誰かの責任の追及を目的とするものではありません。

 この事業を進めるために、目的の範囲内において、死亡した子どもやご家族等の情報を関係機関等から集める場合もあります。

 御理解、御協力を頂きますようお願いします。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県子育て支援局子育て政策課 担当:母子保健担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1425   ファクス番号:055(223)1475

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について