トップ > 新着情報 > 平成24年度の新着情報 > 今般の大雪の被害を受けた地域における処方箋の取扱いについて

更新日:2014年2月19日

ここから本文です。

今般の大雪の被害を受けた地域における処方箋の取扱いについて

今般の大雪の被害を受けた地域における患者への緊急避難的な措置として、処方箋の取扱いについては次の通りとなります。

・今般の大雪の被害を受けた地域における患者への緊急避難的な措置として、医師と連絡が可能であり、ファクシミリ等により患者の希望する薬局に処方箋が送付された場合には、医療機関から処方箋原本を入手するまでの間は、送付されたファクシミリを「処方箋」とみなして調剤等を行って差し支えない。
・この場合、通常の手続を行うことが可能となった後、速やかに医療機関から処方箋原本を入手し、以前に送付されたファクシミリ等を原本と差し替える。
・調剤された薬剤については、原則として患者又は現に看護に当たっている者に交付することとするが、客観的にやむを得ない状況であると認められる場合に、郵送することは差し支えないものとする。この場合、患者又は現に看護に当たっている者に対して、電話等により、調剤した薬剤の適正な使用のために必要な情報提供を適切に行う。
・通常時に処方内容を予め薬局に知らせるために行う処方箋のFAXと区別するため欄外に「大雪等によるFAX対応」等記載する。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県福祉保健部医務課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1480   ファクス番号:055(223)1486

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について