トップ > 新着情報 > 令和元年度の新着情報 > 県立文化施設における常設展等の観覧及び資料取り扱い業務の休止について

更新日:2020年2月28日

ここから本文です。

県立文化施設における常設展等の観覧及び資料取り扱い業務の休止について

 令和2年2月26日に行われた政府の新型コロナウイルス感染症対策本部の会合において、総理大臣から大規模イベントに関する政府の方針が発表されました。
 県としても、新型コロナウイルス感染症から県民の生命と健康を守り、県民生活への影響を最小限とするため、リスク評価を行った上で、県立施設の休館を含めた防止対策を講じる必要があります。
 こうした状況を踏まえ、教育委員会では、次のとおり当課所管の県立文化施設の常設展等の観覧及び資料取り扱い業務を、次のとおり休止することといたします。
 県民の皆様および関係各位におかれましては、ご理解とご協力をお願いいたします。

【対象施設】
 ・山梨近代人物館(県庁別館内)
 ・県立考古博物館
 ・県立美術館(ただし、館内ミュージアムショップ、レストラン、各種団体が主催するイベントで使用する県民ギャラリーや講堂等の館内施設は対象外。以下、各館において同様。)
 ・県立博物館
 ・県立文学館

【観覧等休止の期間】
令和2年2月28日(金曜日)から3月20日(金曜日・祝日)
※3月21日(土曜日)以降の予定については、今後の状況を踏まえて判断・公表。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会教育庁学術文化財課 担当:企画担当
住所:〒400-8504 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1790   ファクス番号:055(223)1793

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について