トップ > 教育・子育て > 社会教育 > 主要事業 > フロンティア・アドベンチャー「やまなし少年海洋道中」 > 平成24年度フロンティア・アドベンチャー「やまなし少年海洋道中」事業報告

更新日:2013年1月18日

ここから本文です。

平成24年度フロンティア・アドベンチャー「やまなし少年海洋道中」事業報告

フロンティア・アドベンチャー「やまなし少年海洋道中」では、平成24年8月1日~9日までの8泊9日、東京都八丈島においてキャンプ生活を実施しました。今年25回目を迎えた「やまなし少年海洋道中」は、近くに発生した熱帯低気圧の影響で、海にうねりが生じ、漁船でのクルージングができなかったものの、代わりに八丈植物公園の見学をさせていただきました。また、雷注意報発令により早朝釣りも中止しましたが、その他の予定していたプログラムはすべて行い、全日程を無事終えることができました。八丈島の小中学生との交流・スノーケリング・1泊2日で八丈島を巡るサバイバル踏破・自主企画など、参加した50名の中学生はさまざまな体験活動の中で多くのことを学び、大きく成長した9日間でした。

出発式(8月1日)

出発式恩賜林記念館で行った出発式では、参加者代表により「ひと回りもふた回りも大きくなって帰ってくる」との誓いが宣誓されました。参加者は、バス2台で東京竹芝桟橋へ向い、22時00分に「かめりあ丸」に乗船しました。

八丈島到着(8月2日)

歓迎セレモニー荒波の影響で1時間ほど到着が遅れたものの、無事に船旅が終わり、八丈島底土港へ着岸。教育委員会の方々など、大勢の八丈島関係者に迎えられました。強い日差しが降り注ぐ八丈島に降り立ち、さあ、いよいよ長期キャンプの始まりです。

テントアップ(8月2日)

テントアップ事前研修会での練習の成果を発揮し、みんなで協力して無事にテントを設営。5班10張りのテントを建てました。全身汗だくになりながら、かまどやイス・テーブルも作り、八丈島でのキャンプ生活が始まったことを実感しました。私たちの愛しのマイホーム。何度か見舞われたスコールから、私たちをしっかり守ってくれました。

野外炊飯(8月2日)

野外炊事早速、夕食から自分達で野外炊事を行います。もちろん、ここにはガスも電気もありません。できたてのかまどでの調理です。キャンプ生活初めての炊事で、固いご飯のカレーライスを食べた班もありましたが、みんなで作って、みんなで食べるカレーは格別です。

開村式(8月2日)

開村式八丈町教育委員会の方々をお招きして開村式を行いました。

今年の開村式は、レク係が進行しました。近藤団長と八丈教委の福田課長さんが点火した火に向い、各班代表が友情・奉仕・連帯・開拓・交流について、これからの積極的な行動を誓いました。新しい村、私たちの村の誕生です。

25周年記念セレモニー(8月3日)

記念植樹今年度で25周年を迎えた海洋道中。長年お世話になっている皆様へ感謝状を贈呈し、記念にハイビスカスの植樹を行いました。

八丈島の小中学生との交流会(8月3日)

交流会八丈島の小中学生とゲームや昼食づくりなどをして交流を深めました。海を越えた交流のスタートです。今回も、山梨の中学生と八丈島の小中学生が交流する機会を3回設定しました。

スノーケリング1回目(8月3日)

スノーケル1八丈島で初めてのスノーケリング体験です。波があり、足が届かない深さの海でのスノーケリングに戸惑った仲間もいましたが、少しずつ要領を得て楽しむことができました。

漁業体験活動「くさや工場見学(体験)」(8月4日)

くさや工場見学思わず鼻をつまみたくなる臭いも、慣れればそれほど気にならないものです。試食として用意してくださった「くさや」もおいしくいただきました。また、交代であじを開き、くさや作りの体験をさせていただきました。

八丈植物公園の見学(8月4日)

植物公園見学近くに発生した熱帯低気圧の影響で、うねりが出てしまった海。残念ながら漁船でのクルージングは中止になりました。その代わり、急でしたが八丈植物公園の見学をさせていただきました。ビジターセンターでは、映像資料や展示で八丈島の環境について学び、有名な「八丈島のキョン」も見ることができました。

漁協女性部の手作り料理(8月4日)

漁協女性部昼食漁協の女性部のみなさんがお昼をごちそうしてくださいました。八丈島の食材を使用した手料理をお腹一杯いただきました。手作りの郷土料理は、とてもおいしかったです。

スノーケリング2回目(8月4日)

スノーケル22回目のスノーケリングです。熱帯低気圧による荒波の影響もありましたが、防波堤のお陰で何とか泳ぐことができました。2度目なので、少し余裕ができた分、海中を見渡すこともできました。色鮮やかな魚たちやサンゴ礁などをたくさん見ることができました。まるで水族館のようでした。

サバイバル踏破1日目(8月5日)

踏破出発2日間かけて島一周を目指し、いざ出発!

自分たちで立てた計画通りに踏破できるよう、薄闇の中起き出し、パッキングの点検を受け、早朝5時に出発した班もありました。強い日差しの中、2日間の食糧や調理器具を手分けして、重い荷物を背負いひたすら歩きます。

サバイバル踏破ビバーク地到着(8月5日)

踏破ビバークやっとビバーク地に到着です。食事はバーナーとコッフェルで作りました。スタンツの練習や班会議を行って、踏破の疲れをとるために寝始めましたが、夜中に雨が降り出すハプニングも・・・。こんな環境で寝る経験はなかなかできません。

サバイバル踏破2日目(8月6日)

踏破道中前夜から降り出した雨が強くなり、早朝には緊急避難をした班もありました。一日中雨は降り続き、前日とはうって変わって、雨の中での踏破となりました。大雨と疲れで心がくじけそうになった時も、互いに励まし合ってゴールを目指しました。

サバイバル踏破から帰還(8月6日)

踏破ゴールみんな元気にサバイバル踏破から帰ってきました。たった2日間だけど、出発したときと比べて大きく成長し、達成感に満ちた顔をしていました。

踏破中、島の人たちがいろいろなところで声援してくれました。八丈島の景色と島の人たちの優しさも、私達を励ましてくれました。

自主企画・つり(8月7日)

自主企画釣りこの日は自分で何をするか計画して過ごす1日です。スノーケリング、釣り、黄八丈織りとサイクリング、島内探訪、登山など、それぞれがさまざまな体験を企画し、実施しました。

釣りには15名が参加し、カツオやムロアジなど釣れた魚はみんなで味わいました。釣れない人もいましたが、たくさんの魚やウミガメを観察することができました。

自主企画・黄八丈織りとサイクリング(8月7日)

自主企画黄八丈織り八丈の伝統工芸のひとつ「黄八丈織り」に挑戦です。このあと、自転車を使って、ふるさと村や民俗資料館を見学しました。

自主企画・島内探訪(8月7日)

自主企画島内探訪バスを利用して、八丈植物公園や裏見ヶ滝を見学。途中、バスが遅れるトラブルもありましたが、無事にベースキャンプにたどり着くことができました。

自主企画・八丈富士登山(8月7日)

自主企画登山登山は、ベースキャンプ前の海岸(標高0m)から出発。八丈島最高峰の八丈富士山頂(標高854.3m)まで登りました。天候にも恵まれ、お鉢巡りもしてきました。

キャンプファイヤー(8月7日)

キャンプファイヤーベースキャンプでの最後の夜。ゲームやスタンツで盛り上がり、楽しい夜はまたたく間にふけていきました。

ベースキャンプ撤収(8月8日)

ベースキャンプ撤収この日はベースキャンプを撤収する日です。作業開始後、突然のスコールで全員びしょ濡れに。その後、一転して炎天下となり、悪条件が続く中、全員で協力して作業を進め、ベースキャンプ周辺のゴミ拾いも行うことができました。

しっかり働いた後は、楽しみにしていた「ふるさとタイム」!温泉と買い物を交互に済ませ、この日寝泊まりする三根公民館へ。

 

さよならレセプション(8月8日)

さよならレセプション太鼓八丈島最後の夜は公民館で「さよならレセプション」を行いました。地元「六人会」のみなさんによる八丈太鼓の演奏を聞き、私たちも太鼓を叩かせてもらいました。その後、各班のスタンツで盛り上がりました。

記念撮影・底土港(8月9日)

集合写真別れの日。底土港で八丈富士をバックに記念撮影をしました。

さよなら八丈島(8月9日)

離島八丈島に別れを告げて出航。汽笛とともにゆっくり岸壁を離れる船。それを見送って下さる八丈島の方々。お世話になった人の顔を見つけ、必死で手を振り、大きな声で別れをつげる。船での別れは、ひと味違った思いを抱かせます。モーターボートや水上バイクが海上からも私たちを見送ってくださいました。

操舵室見学(8月9日)

操舵室見学帰りのかめりあ丸では、操舵室を見学させていただき、なんと船の操縦までさせていただきました。

船上・班別最終ミーティング(8月9日)

最終ミーティング帰りの船の上では、班ごとの最終ミーティングを行いました。9日間ともに助け合い、互いに成長し合った班の仲間や指導者と一緒に思い出や感謝の気持ちを語り合いました。

解団式「愛のテーマ」熱唱(8月9日)

解団式竹芝桟橋で解団式を行い、団長の話に耳を傾け、最後は「愛のテーマ」を熱唱しました。出発前から比べると、みんなだいぶたくましい表情になりました!

楽譜

このページに関するお問い合わせ先

山梨県教育委員会教育庁社会教育課 担当:青少年教育担当
住所:〒400-8504 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1774   ファクス番号:055(223)1775

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について