トップ > 「感染拡大防止のための新型コロナウイルス対策休業助成金」制度の創設について

ここから本文です。

「感染拡大防止のための新型コロナウイルス対策休業助成金」制度の創設について(期間を延長しました

この制度は、新型コロナウイルスが県内で発生した際、感染拡大を防止する緊急的な措置として、感染や濃厚接触により、外出自粛の要請を受け、休業することになった方に、一定額の助成を行うものです。

制度概要チラシはこちら(PDF:625KB)

制度概要

助成対象者

以下の4項目の全てに該当する方が対象となります。

(1)山梨県内に住所を有する者

(2)労働基準法の適用を受ける労働者、又は事業活動を行う個人事業主

 ▷事業所から賃金をもらって働いている方や自営業者を言います。アルバイトやパートの方も対象となります。

(3)感染者又は濃厚接触者

 ▷保健所から入院勧告または、外出自粛の要請を受けた方が対象となります。

(4)休業期間中、労働基準法に基づく休業手当金、健康保険法に基づく傷病手当金、その他給与又は事業所得の補てんにあたる公的な給付金等が支給されない者

 ▷休んだことに対する公的な補償を受け取っていない方、有給休暇ではない休業の方となります。

助成内容

  • 交付する助成金の額は、休業した日、一人につき一日4,000円です。
  • 感染者は、感染が確認された以降の入院から退院までの期間とし、連続した14日間を限度とします。(ただし、休日等は対象となりません)
  • 濃厚接触者は、保健所から外出自粛の要請を受けた日から保健所において示された期間とし、連続した14日間を限度とします。(ただし、休日等は対象となりません)

請求の方法

助成金交付申請書(様式第1号)に必要書類を添付し、令和2年6月30日(火曜日)までに産業労働部労政雇用課長あて親展で提出してください。ただし、連続した14日間の最終日が3月中の場合は、令和2年3月31日(火曜日)が申請の期限になりますので、ご注意ください。

 

受給の流れ 

 

 詳しい内容は、労政雇用課労政担当(TEL:055-223-1561)までお問い合わせください。

 

 様式等

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県産業労働部労政雇用課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1561   ファクス番号:055(223)1564

広告スペース

広告掲載について