トップ > 組織から探す > 労政雇用課 > 「新型コロナウイルス対策休業助成金」の申請を受け付けています

更新日:2022年3月31日

ここから本文です。

新型コロナウイルス対策休業助成金

※令和4年1月以降に感染者か濃厚接触者となり、休業された方が対象となります。4月1日以降に下記の内容を御確認うえ、申請してください。

 

 

 

県では、新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、感染者や濃厚接触者となったことで入院勧告や外出自粛の要請を受け、休業することになった方に一定額の助成を行っています。

お知らせ

「感染拡大防止のための新型コロナウイルス対策休業助成金支給要綱」に基づいて令和4年3月31日までに山梨県産業労働部労政雇用課に到達し、令和4年3月31日までに支給されていない申請分については、「山梨県新型コロナウイルス対策休業助成金申請要領」に基づき山梨県新型コロナウイルス関係休業助成金事務局が審査・交付事務を行います。

助成金の交付までお時間をいただき、大変申し訳ありません。

助成金を交付する旨の決定をしたときは、助成金の交付をもって通知に代えますので、お手数ですが、指定振込口座への振込(名義「ヤマナシケンコロナキュウギョウジョセイキン」)をご確認ください。

制度概要

leaflet1

leaflet2

制度概要チラシ(PDF:298KB)

山梨県新型コロナウイルス対策休業助成金申請要領(PDF:160KB)

助成対象者

以下の4項目の全てに該当する方が対象となります。

(1)山梨県内に住所を有する方

(2)労働基準法第9条に規定する労働者、又は事業活動を行う個人事業主

   ▷事業所から賃金をもらって働いている方や自営業者を言います。アルバイトやパートの方も対象となります。

(3)感染者又は濃厚接触者等となったことにより、令和4年1月1日以降に休業した方

   ▷保健所等から入院勧告等または、外出自粛の要請を受けた方が対象となります。

(4)休業期間中、労働基準法に基づく休業手当金、健康保険法に基づく傷病手当金、その他給与又は事業所得の補てんにあたる公的な給付金等が支給されない方

   ▷休んだことに対する公的な補償を受け取っていない方、有給休暇ではない休業の方となります。

 ※感染者の方は、申請前に傷病手当金の受給についてご確認ください。

   ※濃厚接触者で労働者の方は、申請前に新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金の受給についてご確認ください。

  新型コロナウイルス感染症対応休業支援金・給付金(厚生労働省ホームページ)

   (※新型コロナウイルス感染症対応休業支援金は公的な給付金に含まれます。) 

助成内容

  • 助成対象期間は、次の(1)または(2)の期間とし、連続した14日間を限度とします。(濃厚接触者としての外出自粛要請期間中に感染者に移行した場合は、(1)及び(2)の期間とし、それぞれ14日間を限度とします)

   (1)感染者:感染が確認された日から入院・宿泊療養・保健所の決定による自宅療養が終了した日までの間

   (2)濃厚接触者:保健所等から外出自粛の要請を受けた期間

  • 助成額は助成対象期間中の<休業日>1日につき4,000円です。

   助成対象となる<休業日>とは…

    ▷本来労働日であった日を休んだ日で、給与、手当等の支給がない日

     (定休日、年次有給休暇、特別有給休暇、休業手当や傷病手当金の対象日等は助成対象外)

申請方法

申請に必要な書類を、令和5年2月28日(火曜日)までに郵送またはメールで提出してください。<申請書類

 

<郵送先>

〒409-3851 中巨摩郡昭和町河西1232-1

山梨県新型コロナウイルス関係休業助成金事務局

 

<メールアドレス>

yamanashi-joseikin@hucom-eng.co.jp

 

※できるだけ休業終了後、1か月以内に申請してください。

※令和3年12月31日以前に休業した場合は、受付を終了しております。

 

  申請に必要な書類

労働者の方と個人事業主の方では、必要な書類が違います。
令和4年4月1日以降に申請する方は、こちらの様式での申請が必要です。
ご自身に当てはまるファイルをダウンロードしてください。
濃厚接触者としての外出自粛要請期間中に感染者に移行した場合は、「感染者の方」用を使用してください。

感染者で労働者の方

申請書類・記入見本(PDF:755KB)

・直近の給与明細のコピー

・健康保険証のコピー(記号・番号をマスキングまたは黒塗りしたもの)

・振込先の通帳等のコピー(「金融機関名」、「支店名」、「預金種別」、「口座番号」、「口座名義人(フリガナ)」がわかるもの)

 

濃厚接触者で労働者の方

申請書類・記入見本(PDF:638KB)

・直近の給与明細のコピー

・健康保険証のコピー(記号・番号をマスキングまたは黒塗りしたもの)

・振込先の通帳等のコピー(「金融機関名」、「支店名」、「預金種別」、「口座番号」、「口座名義人(フリガナ)」がわかるもの)

 

感染者で個人事業主の方

申請書類・記入見本(PDF:741KB)

・直近の「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」のコピー

・振込先の通帳等のコピー(「金融機関名」、「支店名」、「預金種別」、「口座番号」、「口座名義人(フリガナ)」がわかるもの)

 

濃厚接触者で個人事業主の方

申請書類・記入見本(PDF:629KB)

・直近の「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」のコピー

・振込先の通帳等のコピー(「金融機関名」、「支店名」、「預金種別」、「口座番号」、「口座名義人(フリガナ)」がわかるもの)

 

労働者と個人事業主のどちらにも当てはまる場合には以下の書類が必要です

・様式1(交付申請書)

・様式2(誓約書)

・様式3(就労証明書)

・様式4(就労申立書)

・直近の給与明細のコピー

・健康保険証のコピー(記号・番号をマスキングまたは黒塗りしたもの)

・直近の所得税及び復興特別所得税の確定申告書のコピー

・振込先の通帳等のコピー(「金融機関名」、「支店名」、「預金種別」、「口座番号」、「口座名義人(フリガナ)」がわかるもの)

留意点

  • 感染拡大防止のため、窓口での申請受付や相談対応等は行いません。
  • 郵送の場合、封書の裏面には必ず差出人の住所及び氏名をご記載ください。なお、文字の判別が困難になる恐れがあるため、FAXによる提出は不可とします。
  • 必要に応じて追加書類の提出及び説明を求めたり、確認のためにご連絡することがありますので、書類は控えをとるようにしてください。
  • 申請書類等は返却しません。また、申請に係る費用は申請者自身の負担となります。
  • 申請書類を受理後、内容を審査し、適正と認められる場合に順次、助成金を支給します。なお、申請等に不備がある場合は、その確認を行うため別途期間を要します。
  • 申請書類を受理後、内容を審査し、助成金を交付する旨の決定をしたときは、助成金の交付をもって通知に代えます。お手数ですが、指定振込口座への振込(名義「ヤマナシケンコロナキュウギョウジョセイキン」)をご確認ください。なお、助成金を交付しない旨を決定したときは、不交付に関する通知を発送します。
  • 感染状況によって、申請件数が非常に多くなった場合、支払いまでに時間がかかることが想定されますので、予めご了承をお願いします。

問い合わせ先

制度の内容や申請方法についてのお問合せは、「新型コロナウイルス関係休業助成金事務局」まで

電話番号:055ー268ー6667

受付時間:10時から18時(土日祝日・12/29~1/3を除く)

※お電話のかけ間違いが非常に多くなっております。電話番号をよくお確かめのうえ、お電話をお願いします。

様式

各様式のWord版です。必要に応じご利用ください。

様式1(ワード:26KB)

様式2(ワード:19KB)

様式3(ワード:21KB)

様式4(ワード:20KB)

リンク先

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県新型コロナウイルス関係休業助成金事務局
住所:〒409-3851 山梨県中巨摩郡昭和町河西1232-1
電話番号:055-268-6667

広告スペース

広告掲載について