トップ > 新着情報 > 令和元年度の新着情報 > 中部横断自動車道(長坂~八千穂間)早期整備に関する要望について

発表日:2019年5月16日

ここから本文です。

発表資料

中部横断自動車道(長坂~八千穂間)早期整備に関する要望について

概要・経緯等

山梨県内の中部横断自動車道については、本年3月、新清水JCT~富沢IC間と下部温泉早川IC~六郷IC間の開通により新東名高速道路~中央自動車道間の約7割(約54km/約74km)が開通し、さらに、2020年(令和2年)内までに全線開通する予定です。
一方、残る唯一の未事業化区間である長坂~長野県・八千穂間においては、昨年7月までに、山梨・長野全区間に渡り1km幅のルート帯とICの概略位置が決定し、環境アセスメントの手続きである方法書の作成に着手する準備が整っているところです。

内容

山梨・長野全区間一体での環境アセスメントの手続きを速やかに進め、一日も早い長坂~八千穂間の早期事業化を目指し、国土交通省に対して山梨県と長野県の両県合同の要望活動を行います。

1実施日:令和元年5月21日(火曜日)
2場所:国土交通省(東京都千代田区霞が関2-1-3)
3要望先:16時00分~16時15分石井啓一国土交通大臣
4要望者:山梨県長崎幸太郎知事
      長野県阿部守一知事
5要望内容:中部横断自動車道(長坂~八千穂)の早期整備に関する要望

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部高速道路推進課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1690   ファクス番号:055(223)1693

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について