トップ > 広報(広報誌・広報番組・発表資料) > 平成25年度の発表資料 > 森林業務関係の対応について(森林環境部)

発表日:2014年2月21日

ここから本文です。

発表資料

森林業務関係の対応について(森林環境部)

内容

【林道】
○ 全体概況(路線毎の状況は別表参照)
・沿線に孤立集落のあった15路線のうち7路線で除雪完了。
・残のうち6路線は今後数日で除雪を完了する見込みであるが、2路線は特に雪深く幅員狭小・急勾配等の路線であり完了は来週の見込み。
・一旦開通した林道が雪崩で再度不通となる事例が発生。
 他路線で同様の危険性がないか調査し、人命最優先の観点から一時通行制限することも含め必要な措置をとるよう、各林務環境事務所に指示し、各市町村にも要請。

○ 県営林道
・県営林道のうち179路線については、この時期は冬期閉鎖等により予め通行止めとしており、これらの路線は、当面、対応は不要。
・残る一般開放中の9路線については、各林務環境事務所から地元事業者に除雪を依頼し、手前の一般道の除雪が済んだ箇所から順次、除雪中。
 このうち、沿線に孤立集落がある路線として、現時点で2市町・2路線を確認しており、優先的に対応中。

○ 市町村林道
・市町村林道のうち沿線に孤立集落がある路線として、現時点で5市町・6路線を確認しており、各市町村において、順次、除雪中。

(参考)管理主体別の林道の路線数(合計608路線)
 県営林道188・市町村林道412・都有林林道8
 
       
【治山・森林整備・県有林管理等】
○ 一般道や林道が通行可能となり次第、順次、現地の状況を調査。
今後の融雪災害を警戒。
○ 林野庁関東森林管理局(治山事業等)による県内全域の現地調査(24日・ヘリ)に県職員が同行予定。

【特用林産施設、木材加工施設等】
○ きのこ栽培ハウス76棟倒壊・損壊、木材加工施設19棟倒壊・損壊との情報。引き続き被害状況を調査。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県災害対策本部
県民相談班
電話055-223-1778

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について