トップ > 広報(広報誌・広報番組・発表資料) > 平成25年度の発表資料 > 雪崩による被害について(県土整備部)

発表日:2014年2月20日

ここから本文です。

発表資料

雪崩による被害について(県土整備部)

内容

2月8日の降雪に続き、2月14日から甲府で114cm、河口湖で143cmの豪雪があり、先の残雪の上に今回の雪が重なるなど、雪崩が発生しやすい状況になっている。
上野原市、南アルプス市、富士河口湖町で雪崩が窓を押し破り屋内に流入する被害が発生した。

・上野原市秋山安寺沢
発生日時:平成26年2月15日午前3時
被害の状況:負傷者なし、住宅被害:一部破損1棟
避難の状況:なし
対応:現地確認済

・南アルプス市新倉
発生日時:平成26年2月15日午前3時
被害の状況:負傷者なし、住宅被害:一部破損1棟
避難の状況:発生時一時避難
対応:市道部分について除雪完了

・富士河口湖町精進
発生日時:平成26年2月15日時刻不明
被害の状況:負傷者なし、精進レークホテル建物被害:一部破損1棟
避難の状況:なし
対応:孤立化解消のため、県道を除雪

・西桂町による避難勧告及び指示
日時:平成26年2月17日午前10時30分
理由:大雪による雪崩の危険があるため
対象:下暮地滝入地区1世帯2人(勧告)、3世帯7人(指示)
避難場所:三ツ峠グリーンセンター

※生活上の留意点
 今後も雪崩による被害が懸念されるため、斜面下付近にお住まいの方は、建物の2階などの高く、斜面から離れた場所で生活するよう心がけるとともに、なだれ注意報等の気象情報や雪崩の前兆現象に特に注意し、最寄りの避難所へ避難するなど、早めの避難に努めてほしい。
 また、外出する場合は斜面の状況に注意し、斜面から離れて通行するなど雪崩に十分注意してほしい。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県災害対策本部
県民相談班
電話055-223-1778

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について