トップ > 広報(広報誌・広報番組・発表資料) > 平成23年度の発表資料 > (第3回)山梨県流域下水道汚泥中の放射性物質の調査結果について(速報)

発表日:2011年6月21日

ここから本文です。

発表資料

(第3回)山梨県流域下水道汚泥中の放射性物質の調査結果について(速報)

内容

このことについて、平成23年6月14日、15日に分析機関に調査を依頼し、平成23年6月20日に速報値がでました。結果は以下のとおりです。
なお、平成23年6月16日に原子力災害対策本部より「放射性物質が検出された上下水処理等副次産物の当面の取扱いに関する考え方」が示されました。

測定結果

○測定結果(単位:Bq(ベクレル)/kg)
 採取場所/下水道汚泥の採取日/放射性ヨウ素131/放射性セシウム134/放射性セシウム137/左記の放射性セシウム合計 (=134+137)
・富士北麓浄化センター
平成23年6月15日/842/33/29/62
・峡東浄化センター
平成23年6月14日/不検出/11/11/22
・釜無川浄化センター
平成23年6月15日/304/不検出/12/12
・桂川清流センター
平成23年6月14日/不検出/30/46/76
※10Bq/kg以下を「不検出」としています。

○測定対象
脱水汚泥(下水を処理する際に発生した汚泥から水分を取り除いたもの)

【参考】
○放射能汚染された食品の取り扱いについて(平成23年3月17日付け厚生労働省医薬食品局)
 「食品衛生法に基づく食品中の放射性物質に関する暫定規制値」
 飲料水 放射性セシウム 200Bq/kg
 野菜類 放射性セシウム 500Bq/kg、放射性ヨウ素 2,000Bq/kg
○稲の作付けに関する考え方(平成23年4月8日付け原子力災害対策本部)
 「水田土壌中の放射性セシウムの米への移行の指標」
 放射性セシウム 5,000Bq/kg
○福島県県中浄化センターの下水汚泥から検出された放射性物質
 放射性セシウム 26,400Bq/kg

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部下水道室 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1726   ファクス番号:055(223)1729

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について