トップ > 広報(広報誌・広報番組・発表資料) > 平成23年度の発表資料 > 「災害時における帰宅困難者支援に関する協定」の締結について

発表日:2012年2月15日

ここから本文です。

発表資料

「災害時における帰宅困難者支援に関する協定」の締結について

概要

東日本大震災では、交通機関のマヒにより多くの帰宅困難者が発生し、大きな混乱が生じた。
このため、これまでの大震災での教訓を踏まえ、災害時における帰宅困難者を支援するため、コンビニエンスストア、外食チェーン店、自動車用品店と協定を締結する。

内容

1.協定の内容
(1)目的
地震等による災害が発生し、交通が途絶した場合において、駅、事業所、学校等に滞留する大量の通勤者、通学者、観光客等のうち、容易に帰宅することができない者(帰宅困難者)の徒歩による帰宅等を支援することで、大規模災害時の混乱を防止することを目的とする。
(2)支援事項
各店舗は、災害時に交通が途絶した場合「災害時帰宅支援ステーション」として、以下の内容について協力を行う。
a.水道水、トイレ等の提供
b.地図等による道路情報、ラジオ等で知った通行可能な道路に関する情報の提供
(3)ステッカーの掲出
本協定に賛同した店舗を「災害時帰宅支援ステーション」と呼び、「災害時帰宅支援ステーション・ステッカー」を店舗の入口など、利用者の見やすい位置に掲出する。ステッカーは、県で作成し交付する。(協定第6条)
(4)協定締結先
(社)日本フランチャイズチェーン協会加盟(山梨県展開チェーン)8社391店舗(平成24年1月末現在)
【コンビニ】・・・4社364店舗
セブンイレブン(166店舗)、デイリーヤマザキ(51店舗)、 ファミリーマート(65店舗)、ローソン(82店舗)
【外食】・・・・・3社23店舗
カレーハウスCoCo壱番屋(5店舗)、モスバーガー(14店舗)、吉野家(4店舗)
【自動車用品】・・1社4店舗
オートバックス(4店舗)

3.締結式の日程等
○日時:平成24年2年15日(水曜日)午前10時00分~
○場所:県庁本館2階特別会議室
○出席者:8社の関係者、県(知事)

災害時帰宅支援ステーション・ステッカー画像

災害時帰宅支援ステーション・ステッカー

このページに関するお問い合わせ先

山梨県総務部消防保安室 担当:防災対策担当
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1432   ファクス番号:055(223)1429

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について