トップ > 広報(広報誌・広報番組・発表資料) > 平成24年度の発表資料 > トンネル内の重量構造物の点検結果について

発表日:2012年12月27日

ここから本文です。

発表資料

トンネル内の重量構造物の点検結果について

概要

1.トンネル内の重量構造物の状況
 重量構造物(ジェットファン、トンネル情報板、排気装置)を有するトンネル一覧は、別添のとおり

2.点検状況
 平成24年12月7日に国交省から、トンネル内の道路附属物等の一斉点検について示されたことから、県管理トンネルのジェットファン、トンネル情報板等の重量構造物について、点検を実施した。(県管理のトンネルは130本)
○期間:平成24年12月11日(火曜日)~25日(火曜日)
※今年度、既に点検済みの次のトンネルはその結果を記載している。
・雁坂トンネル:平成24年12月4日(ジェットファン)
・七里岩トンネル:平成24年11月19、20日(ジェットファン)
○点検体制:県職員及び専門業者
○点検内容
 アンカーボルト・ナット、継手等の部位を中心に、近接目視及び
打音・触診等により道路附属物等の損傷や異常の有無を確認

内容

1.点検結果
 重量構造物を固定しているアンカーボルト全1,082本のうち、深城トンネルのトンネル情報板のアンカーボルト1本に異常(脱落)が発見された。
○深城トンネル
・点検作業をしたところ、トンネル情報板を固定しているアンカーボルト1本が脱落した。
(情報板は2つの固定金具で支えられており、それぞれをアンカーボルト4本で固定。全8本)
・他の7本のアンカーボルトについては、異常はなかった。
・構造物にガタつきはなく、安定していた。
・補修のためトンネル情報板は取り外した。
○他の16トンネルにおいて、異常は見られなかった

2.安全性について
○深城トンネル
・アンカーボルト1本に異常(脱落)が認められたが、耐荷上の安全は確認された。
・固定金具や構造物にガタつきはなく、安定していた。
・以上のことから、直ちに落下に繋がるものではないと判断している。
【参考】耐荷上の安全の確認について
・アンカーボルトの強度は、トンネル情報板を支えるために必要な強度の数倍あり、十分な余裕があることから、安全であると判断した。

3.今後の対応
○深城トンネルの情報板については、脱落したアンカーボルトを復旧し、トンネル情報板を再設置する予定。
○重量構造物以外の道路附属物等については、県管理トンネル全てについて本年度内に点検を行う。
○今後、県管理の全てのトンネルについて新たに点検計画を策定し、定期的に点検を実施する。

※詳細については、関連資料及び関連リンクをご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部道路管理課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1695   ファクス番号:055(223)1699

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について