トップ > 広報(広報誌・広報番組・発表資料) > 平成24年度の発表資料 > 新御坂トンネルと愛宕トンネルの点検結果

発表日:2012年12月19日

ここから本文です。

発表資料

新御坂トンネルと愛宕トンネルの点検結果

概要

1.トンネルの概要
 別添のとおり

2.点検状況
 国道137号の新御坂トンネルと、県道甲府韮崎線の愛宕トンネルにおいて、平成24年12月3日の緊急点検に続き、次のとおり片側交互通行により再点検を実施した。
○期間:平成24年12月10日(月曜日)~14日(金曜日)21時~5時
○点検体制:
・新御坂:3班体制(約20名/日)
・愛宕:1班体制(約10名/日)
○点検内容
・天井板、吊り金具、端部固定金具の全数を目視、打音、触診
(平成24年12月3日の緊急点検では、天井板と吊り金具の全数を目視、状況が分かりにくいものを打音)

内容

1.点検結果
○新御坂トンネル
・吊り金具定着部の異常(3本/6,236本)
・端部固定金具の異常(160本/4,632本)
※詳細は別添のとおり
○愛宕トンネル
・吊り金具定着部の異常(6本/784本)
・端部固定金具の異常(2本/792本)

2.安全性について
○新御坂トンネル
 主要な部材である吊り金具のアンカーボルト3本(0.05%)に異常(ゆるみ)が認められたが、耐荷上の安全は確認された。(脱落は0本)
 端部固定金具のアンカーボルト160本(3.5%)に異常(脱落、ゆるみ)が認められたが、耐荷上の安全は確認された。
 端部固定金具のアンカーボルトが脱落した周辺の天井板を含む、全ての箇所で
入念な点検を行なったが、吊り金具や端部固定金具、天井板にガタつきや沈みは無く安定していた。
 以上のことから、直ちに天井板の落下に繋がるものではないと判断している。
※平成24年12月16日までに、吊り金具のアンカーボルト3本と端部固定金具のアンカーボルト98本の応急補修を実施済み。平成24年12月18日までに応急補修を完了予定。
○愛宕トンネル
 主要な部材である吊り金具のアンカーボルト6本(0.8%)に異常(欠落、ゆるみ)が認められたが、耐荷上の安全は確認された。
 端部固定金具のアンカーボルト2本(0.3%)に異常(脱落、ゆるみ)が認められたが、耐荷上の安全は確認された。
 端部固定金具のアンカーボルトが脱落した周辺の天井板を含む、全ての箇所で入念な点検を行なったが、吊り金具や端部固定金具、天井板にガタつきや沈みは無く安定していた。
 以上のことから、直ちに天井板の落下に繋がるものではないと判断している。
※平成24年12月15日までに、吊り金具のアンカーボルト6本と端部固定金具のアンカーボルト2本の応急補修を完了

3.今後の対応
 応急補修を行なった箇所については、恒久的な補修に必要な材料の調達後、平成24年12月22日を目途に補修を行なう。
 新御坂トンネルと愛宕トンネルについては、当面今回と同様な点検を3ヶ月に1回実施し、その結果に基づき必要な補修を行なう。なお、天井板を支えるアンカーボルトについては、今後計画的に更新していく。
 両トンネルを含め、県管理の130トンネル全てについて、新たに点検計画を策定し、定期的に点検を実施する。

※詳細については、関連資料及び関連リンクをご覧ください。

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県土整備部道路管理課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1695   ファクス番号:055(223)1699

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について