更新日:2011年2月18日

ここから本文です。

県内のバス運行について

ご質問

先日、南アルプス市へ墓参りに行きました。いつもは、甲府からタクシーで往復するのですが、これが結構運賃がかかる。県内にバスがほとんど運行していない山梨県を故郷にもつことを少し悲しみながら、墓参りをしています。
 しかし、最近はバスについては改善の方向にあることを実感して嬉しかったのです。アルプス市にある寺で墓参りをすませ、それから韮崎へ出て、増富温泉で一泊の湯治をして帰路をとる考えでしたから、韮崎までの交通手段はタクシーしかないと思っていましたら、タクシー運転手さんが春仙美術館まで行けば竜王行きのバスがあり、そこからJRで韮崎に行く方法を教えてくれました。有難い。
 バス路線については地元民の必要の声はないのでしょうか。そんなことを考えていますが、今回、改善の兆しが見られたことはほんとうに喜ばしいことでした。
 マイカーもいいけれど、燃料費も馬鹿にならず、空気を汚すことでも問題がないとはいえない。都会から来れば格段においしい空気ですが、車を減らして、エコロジカルな生活をするということを、地方でも実践して欲しいものと思っています。
 バス路線の拡充と充実をより一層望むものとして、その実施をお願いしたいものです。 バスの便数が多くなれば父母の墓参りも数多くできるものと思います。

回答

いただいた「県内のバス運行」の件につきまして、リニア交通課からお答えします。

 ○○様からお寄せいただい御意見のとおり、私どもはエコロジカルな生活をおくる必要性があり、そのためには、自家用車の使用に偏るのではなく、バスなどの地域公共交通を積極的に利用して、交通手段の維持・確保、幹線道路の交通渋滞の解消、温室効果ガス(CO2)の削減、地域経済の振興など、様々な課題解決ができるメリットが同時に得られるような行動を、一人ひとりが自覚し、実践していくことが、強く求められております。
 県としても、広域的幹線的なバス路線の維持・確保対策として、国と協調し運行費用の補助を行うとともに、市町村でも、バス路線の維持と利用促進を図るための協議会を立ち上げ、「地域がはぐくむ使い勝手の良い」バスの運行をテーマに、○○様が利用されたコミュニティバスなどのように、各地域における努力によって、コミュニティバスやデマンドバスなどのバス路線の充実に努めているところです。
 また、本県では、バスの利用促進などの観点から、「やまなしバスコンシェルジュ」という県下全域にわたるバスの運行情報を県民をはじめ本県を訪れる人々に提供しており、バス路線やバスの位置情報が外出先の携帯電話やパソコンで見ることが可能となっております。 
 ○○様をはじめ、地域の公共交通を御利用いただく皆様方からの御意見が、公共交通利用促進の流れを生み出す上で、大きな支えとなることから、いただいた貴重な御意見について、今後の県の施策や市町村の取組みに反映させていきたいと考えております。

受理日 2010年12月6日
回答日 2010年12月10日

このページに関するお問い合わせ先

山梨県県民生活部リニア交通課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1664   ファクス番号:055(223)1666

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について