更新日:2010年10月20日

ここから本文です。

農振除外申請について

ご質問

農地除外申請手続きは、短期間でできるものと思っていましたが、許可までに半年以上かかるとのことで、納得できない部分が多々あります。
 その時の状況等々、臨機応変に申請がもっと早く出来ないでしょうか。
 また、申請から許可までにどのようなプロセスを踏むのでしょうか。

回答

 いただいた「農振除外申請」の件について、農村振興課からお答えします。
 ご指摘の「農振除外申請」については、農業振興地域の整備に関する法律(農振法)に基づき策定される農業振興地域整備計画(農振計画)のうち、農用地利用計画の見直しによって行われる農用地区域からの除外手続きのことかと存じます。
 農用地利用計画を見直す時期は、経済事情の変動その他情勢の推移により必要が生じたときに行うこととされており、見直しの際に農用地区域からの除外申出を受けた農地については、農業上の土地利用や町の総合計画を始めとした他の土地利用計画と調和が保たれているかなど幅広い視点での審査を行い、適切かどうかを検討した上で農用地利用計画の見直しがなされます。
 このため農用地区域からの除外の申出は、一筆毎について審査を行う農地転用許可などの申請手続とは異なり、多数の申出を受ける中で農用地利用計画全体を見直すものであるため一定の期間を要すこととなります。
 ○○様がお住まいの○○町では、1年に1回程度の見直しを行っており、現在も、○○様からの案件を含める中で、農用地利用計画の見直しについて検討していると伺っております。
 市町村の農振計画を見直すには県の同意が必要となりますが、県は市町村からの協議を受ければ、その都度、内容を確認し、速やかに対応させていただきます。
 なお、農振計画の見直しは、申出の受付後に行う町での検討や町と県との協議、農振法に定められている公告縦覧期間30日間、異議申出期間15日間を含め、相当の期間を要することとなります。
 県といたしましても、地域農業の振興を計画的に推進していく観点から、町との協議に関する事務処理を早急に行い、早期に計画見直しが終了できるよう指導してまいります。

受理日 2010年08月18日
回答日 2010年08月24日

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部農村振興課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1595   ファクス番号:055(223)1599

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について