更新日:2010年6月25日

ここから本文です。

養鶏場のハエ対策について

ご質問

ハエ対策については、永年、研究をされたと思いますが、現時点でどのような対策を指導されているのか、お知らせください。

回答

いただいた「養鶏場のハエ対策」について、畜産課からお答えします。
 養鶏場のハエ対策など畜産農家における衛生対策につきましては、定期的に巡回指導を行なうとともに、「畜産環境保全のしおり」などを配付し、適正な衛生管理を呼びかけております。
 なお、具体的な巡回指導内容は次のとおりです。
 1 発生源対策
   糞の堆積場や畜舎周辺の湿地等の衛生管理、特に水たまりや湿地は埋め立てて、糞の除去をこまめに行うよう指導しています。
   また、たい肥を長時間堆積しておくことも発生の原因となることがあるので、畑などに散布したたい肥は、迅速に土に鋤込むよう指導
 しております。
 2 幼虫対策
   幼虫対策は、成虫が目立つ時期より1~1.5ヶ月前から始めると効果的で あり、幼虫駆除剤として、従来の成虫対策用殺虫剤(有
 機リン剤、ピレスロイド剤、カーバメイト剤)や昆虫発育抑制剤(キチン質合成 阻害剤、幼若ホルモン物質、キューティクル硬化剤)を使
 用するよう指導しています。
 3 成虫対策
   空間散布や毒餌法による殺虫剤の使用で除去する他、ハエ捕り紙による除去 を行うことを推奨しています。また、畜舎の周囲に網を
 張り、成虫の出入りを防止することも有効です。
   今後も、定期的に巡回指導等を実施し、きめ細かな指導を継続して行ってまいりますので、ご理解のほどお願い申し上げます。

受理日 2010年05月17日
回答日 2010年05月24日

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部畜産課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1605   ファクス番号:055(223)1609

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について