更新日:2010年6月25日

ここから本文です。

耕作放棄地の山林化について

ご質問

元山梨県民でした。当地で耕作放棄地の山林化についてのニュースを聞き、良い案だと思いました。
 実家でも跡継ぎは都会に出ていません。残った畑や山林などの行く末が心配です。居住していない人には県に寄付してもらうことなどを進めていってほしいと思います。
 また、美しい山河が外国によって買い占められることのないように早急に手立てをしてください。水源地として買われる例が多々あるとニュースで聞いたことがあります。
 山梨は山だらけを活かし環境立県として開発を控えて美しい里山づくりを推進してください。
 どうぞよろしくお願いします。山は生命の源です。

回答

いただいた「耕作放棄地の山林化」について、森林整備課からお答えします。
 ○○様がお聞きになられた報道は、現在山梨県が計画しています耕作放棄地対策に関するものと存じます。
 森林・原野化し、農地として復元が困難となった耕作放棄地は、必要に応じて植栽、不要木の除去等といった森林としての手入れを行う必要があります。また、将来にわたって森林としての整備を行っていくためには、農地を転用し、森林法に基づく森林に編入しなければなりません。
 森林に編入するためには、土地の地番や面積、生育している樹木の種類等の情報が必要となり、森林として効率的に整備していくためには、隣接する森林と一体的に森林整備を進めていく必要があります。
 このため、本年度から森林への編入に必要な基礎情報の収集に関する調査や、効率的な森林整備のための計画策定に必要な経費を、市町村や森林組合に助成することといたしました。
 また、外国資本による森林売買については、県内の市町村、森林組合を通じて随時調査をしておりますが、現在のところ、本県において該当する情報は確認されておりません。森林は県民共有の貴重な財産であり、水資源の確保という視点からも必要不可欠なものであるため、市町村や森林組合等と連携し、様々な機会を通じて情報収集し、引き続き状況の把握に努めてまいります。
 森林は、再生可能な木材生産の場であるとともに、水資源の確保や国土保全等その有している公益的機能の発揮により国民生活に計り知れない恩恵を与えていますが、一度荒廃してしまえば、その復旧を図るには非常に長い期間を要するものです。
 このようなことから、県としては、今後とも森林・林業に関し計画的かつ長期的視点に立ち、健全な森林を育成・整備して参りますので、御理解いただけますようお願い申し上げます。
 貴重な御意見をいただき、ありがとうございました。

受理日 2010年04月20日
回答日 2010年04月27日

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部森林整備課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1645   ファクス番号:055(223)1678

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

広告スペース

広告掲載について