山梨県警察 > 県警察について > 組織紹介 > 総務室 > 総務課 > 広報だより > タンデム自転車の公道走行が可能になりました

更新日:2018年4月23日

ここから本文です。

タンデム自転車の公道走行が可能になりました

平成30年4月1日より、山梨県道路交通法施行細則が一部改正され、タンデム自転車の公道走行が可能になりました。

タンデム自転車とは、二人乗り用としての構造を有し、かつ、ペダルが縦列に設けられた自転車のことです。

道路交通法上、「軽車両」に区分されますが、一般的な「普通自転車」の大きさ、構造の基準を満たしていないので、「普通自転車」にはあたらず、「普通自転車以外の自転車」となります。

「普通自転車」と通行方法が異なりますので、運転する前によく確認してから運転するようにしてください。

タンデム自転車の特徴

  • 普通自転車と交通ルールが異なります。
  • 普通自転車と比べて小回りが利かないなど、運転感覚が大きく異なります。
  • 二人でペダルをこぐため、速度が出やすく注意が必要です。

走行する際の注意点

  • 道路に出る前には十分練習をしてください。
  • 発進・停止・右左折時等には、声を掛け合いましょう。

 

タンデム自転車

(PDF:296KB)

交通規制上の注意点

(PDF:383KB)

お問い合わせ先

県警察本部交通企画課TEL055-221-0110(代)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。