山梨県警察 > 県警察について > 組織紹介 > 総務室 > 総務課 > 広報だより > 自転車の安全利用の促進(5月は「自転車月間」です!!)

更新日:2020年4月30日

ここから本文です。

自転車の安全利用の促進(5月は「自転車月間」です!!)

転車は道路交通法上「軽車両」に区分され、自動車等の車両と同様にさまざまな交通ルールが規定されているほか、違反行為(危険行為)を繰り返した運転者に対して「自転車運転者講習制度」が義務づけられています。

転車利用の皆さん、5月は「自転車月間」です。

自転車の安全利用に関する広報等が強化されますので、この機会に正しい自転車の乗り方について理解して、交通事故を防ぎましょう。

自転車安全利用五則

1 自転車は、車道が原則、歩道は例外

2 車道は左側を通行

3 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

4 安全ルールを守る

  • 飲酒運転・二人乗り・並進の禁止
  • 夜間はライトを点灯
  • 交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

5 子どもはヘルメットを着用

自転車安全五則(JPG:175KB)

自転車の主な違反と罰則

違反 罰則
酒酔い運転 5年以下の懲役または100万円以下の罰金
信号無視 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
一時不停止 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
右側通行 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
軽車両の並進 2万円以下の罰金又は科料
夜間無灯火 5万円以下の罰金
反射材等の未装着 5万円以下の罰金
片手になる行為(傘さし等)による運転 5万円以下の罰金

普通自転車通行可の歩道通行中における違反

(車道寄り以外の部分通行、指定部分以外通行、徐行しない、歩行者の通行妨害となるのに一時停止しない)

2万円以下の罰金又は科料
二人乗り 5万円以下の罰金/2万円以下の罰金又は科料
ブレーキが不良な(ブレーキ装置がない)自転車で走行 5万円以下の罰金

自転車運転者講習制度

  • 3年以内に2回以上、特定の危険行為で検挙された運転者が対象
  • 講習は3時間、講習手数料は5,700円
  • 講習命令を受けてから3ヶ月以内の指定された期間内に受講しない場合は5万円以下の罰金

お問い合わせ先

県警察本部交通企画課TEL055-221-0110(代)