山梨県警察 > 県警察について > 組織紹介 > 総務室 > 総務課 > 広報だより > キャッシュカードをだまし取る詐欺に注意

更新日:2019年11月28日

ここから本文です。

キャッシュカードをだまし取る詐欺に注意

キャッシュカードをだまし取る詐欺被害が多発!

役所や金融機関の職員をかたり、「保険料の還付金があります。あなたの口座に振り込みます。」などという電話が架かってきます。あるいは警察官をかたり、「詐欺の犯人を逮捕しました。」「あなたのクレジットカードが不正に使われています。」などと電話が架かってくることもあります。

人グループは、これらの名目で信用させた後、「あなたのキャッシュカードは古いので使うことができない。新しいキャッシュカードと交換しなければならない。」あるいは「あなたの口座を凍結する必要があるのでキャッシュカードを預かる。」などといい、暗証番号を聞き出した上で、キャッシュカードをだまし取ろうとしてきます。

被害防止のために知っておいていただきたいこと

  • 電話で「キャッシュカード」や「お金」の話が出たときは詐欺を疑うこと。
  • 金融機関の職員や警察官が電話でキャッシュカードの暗証番号を聞くことは絶対にあり得ないこと。
  • このような電話を受けたら、すぐに切って、御家族や警察に御相談ください。
警察官を名乗る犯人

 

お問い合わせ先

県警察本部生活安全企画課TEL055-221-0110(代)