更新日:2019年5月29日

ここから本文です。

犯罪現場はそのままに

外出先から帰宅したら家の中が荒らされていた」など、泥棒による被害に遭ったとき、そのほか、いろいろな犯罪の現場に遭遇したときは、落ち着いて次のように対応してください。

犯罪現場はそのままにして、現場等に立ち入らないようにしてください。

泥棒被害むを得ず立ち入った場合は、駆けつけた警察官に説明をしてください。

罪現場には、指紋や足跡等、犯人が残した痕跡がたくさんあります。

布や金庫の中身は、警察官が一緒に確認します。

「110番通報」または「最寄りの警察署、交番、駐在所」に届出をしてください。

警察犬直ちに警察官が駆けつけて、状況をお聞きしたり、必要に応じて、指紋や足跡等、犯人が残した痕跡を採取します。

察ではこうした痕跡を採取して犯人を捜す手掛かりとしています。

棒は、窓ガラスを割って侵入したり、特殊な道具を使ってカギを開けて侵入するなど、様々な方法で皆さんの財産を狙っています。

うした犯罪から皆さんを守るため、私たち警察は日々奔走しておりますが、何より必要なのは皆さんの協力です。

事件をいち早く解決するため、犯罪の被害に遭った場合は、犯罪現場はそのままにして直ちに警察に届出をお願いします。

お問い合わせ先

県警察本部鑑識課TEL055-221-0110(代)