トップ > 組織から探す > 農政部 > 就農支援について > 就農準備資金・経営開始資金(就農準備資金)における研修生の募集(※募集終了しました)

更新日:2022年4月18日

ここから本文です。

令和4年度 就農準備資金・経営開始資金(就農準備資金)における研修生の募集(※募集終了しました)

青年の就農意欲の喚起を図るため、就農を目指して研修する方に対し、国が県を通じて研修の間(最長2年間)資金を交付します。応募要件、応募方法などの詳細は下記と別添ファイルをご覧ください。

 

事業概要

【交付額、交付期間】

  • 年間最大150万円、最長2年間

【主な交付要件】

  • 研修後、就農するに当たり就農時50歳未満である者
  • 独立・自営就農、雇用就農又は親元就農を目指すこと
  • 研修計画の内容が県の認める研修機関(山梨県農業振興公社等)で行う概ね1年以上の研修であること

【返還となる場合】

  • 研修終了後1年以内に就農しなかった場合 等

申請受付期間(※終了しました)

  • 申請受付期間は、以下のとおり。

     令和4年4月8日(金曜日)から令和4年4月15日(金曜日)

募集定員

  • 10名程度

申請書類

  • 研修計画(案)
  • 受講する研修のカリキュラムおよび研修受講が認められていることを証する書類
  • 研修実施計画(先進農家等で研修する場合)
  • 履歴書
  • 離職票の原本(離職票の提示が可能な場合)※確認後返却 
  • 農業研修に関する確認書(先進農家等で研修する場合)
  • 確約書(研修終了後、親元就農する予定の場合)
  • 傷害保険に加入している場合は傷害保険証書の写しを添付。交付対象となる研修期間が開始するまでに加入予定の場合は、加入を検討している傷害保険の内容がわかるもの(パンフレット等)を添付し、加入後に傷害保険証書の写しを交付主体に提出すること。
  • 前年の世帯全員の所得を証明する資料(源泉徴収票、所得証明書等。前年の世帯全体の所得が600万円を超える場合は、必要に応じて生活費確保の観点から資金を必要とする理由欄に記載した事情を説明する書類を提出すること。)

    ※「世帯」とは、本人のほか、同居又は生計を一にする同居の配偶者、子および父母が該当。

    ※「所得」とは、地方税法第292条第1項第13号に定める「合計所得金額」。 

  • 個人情報の取扱いについての同意書 
  • 本人確認書類(運転免許証、個人番号カード、日本国旅券(有効期限内のもの)、健康保険証(住民票を添付)のいずれかの写し
  • 新規就農者集合研修(ビギナーコース)申込書
  • 確認書(事業の理解)
  • 誓約書(暴力団排除)
  • 誓約書(連帯保証人)
  • 連帯保証人の印鑑証明書及び前年の所得を証明する資料(源泉徴収票、所得証明書等)

交付対象者の決定

  • 書類及び面接による審査を行います。なお、面接は4月に行う予定です。

書類の提出先及び相談窓口 

  • 研修機関により、次のいずれかに申請書類を提出してください。

 (1)専門学校山梨県立農林大学校で研修を受ける者は、専門学校山梨県立農林大学校

 (2)(公財)山梨県農業振興公社で研修を受ける者は、派遣研修先を管轄する農務事務所(農業農村支援課)

 (3)その他の研修機関で研修を受ける者は、研修機関の所在地または研修予定地を管轄する農務事務所(農業農村支援課)

 

(令和4年度版)応募要項及び申請書類様式

関連資料

  • 新規就農者育成総合対策実施要綱(令和4年3月29日付け3経営第3142号農林水産事務次官依命通知)

 本体(PDF:221KB) 別記2(PDF:1,239KB) 

参考

問い合わせ先

山梨県 農政部 担い手・農地対策課

電話 055-223-1621

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県農政部担い手・農地対策課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1621   ファクス番号:055(223)1604

広告スペース

広告掲載について