トップ > 富士の国 やまなしの魅力 > 冬の登山は危険がいっぱい

富士の国 やまなしの魅力

ここから本文です。

更新日:2019年11月25日

冬の登山は危険がいっぱい

令和元年11月25日(月曜日)18時57分-19時00分(YBS)の前進!やまなしテーマは「冬の登山は危険がいっぱい」です。平成29年10月、登山の安全を確保するため、県や登山者の責務、登山にかかる届出等の手続きを定める「山梨県登山の安全の確保に関する条例」が制定されました。冬の登山には夏と比較にならないほど危険がたくさん存在しています。

冬の登山は危険がいっぱい

今年の厳冬期(12月1日から3月31日の間)、富士山3000m以上、南アルプス、八ヶ岳の山域に登山をする際には、登山計画書の提出が義務となります。番組では、この冬提出が義務化される登山計画書など冬山登山の安全対策について紹介します。
ぜひご覧ください!

登山計画書の提出が義務となる山

登山計画書

このページに関するお問い合わせ先

山梨県観光文化部観光資源課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1576   ファクス番号:055(223)1438

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?