トップ > 組織から探す > 森林環境部 > みどり自然課 > オオブタクサ(重点対策外来種)について

更新日:2020年8月12日

ここから本文です。

オオブタクサ(重点対策外来種)について

北アメリカ原産の大型の1年草で、大きさは3m程度になります。主に農地、牧草地、河川敷、路肩、荒地などに生育します。葉は、長さ幅とも20~30cmになり、掌状に3~7裂し、両面ともざらざらしています。8~9月頃に枝先に細長い穂を作ります。

在来種や牧草と競合します。

環境省が作成した「我が国の生態系等に被害を及ぼすおそれのある外来種リスト(生態系被害防止外来種リスト)」で重点対策外来種に指定されています。

 オオブタクサ

駆除方法

オオブタクサは1年草ですが、夏季は成長力が強いため、根ごと駆除してください。処分する際は、種がこぼれないように袋に入れ、速やかに各自治体のゴミの分別方法に従って処分してください。

県内の分布状況

富士山科学研究所が2015年に調査したオオブタクサの県内の分布状況は、次のとおりです。

県内のオオブタクサの分布状況(PDF:207KB)

その他

侵入生物データベース オオブタクサ(国立開発研究法人国立環境研究所:外部サイト)

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ先

山梨県森林環境部みどり自然課 
住所:〒400-8501 甲府市丸の内1-6-1
電話番号:055(223)1520   ファクス番号:055(223)1507

広告スペース

広告掲載について